AGA治療 婚活準備

フィンペシアの効果とコスト・副作用

男性の薄毛の大部分を占めているAGAという症状に対しては、既に効果的な治療薬が開発されています。フィンペシアは、この治療薬のジェネリックで、コストをかけずにアプローチしたいという人には、特にオススメできる内容です。

 

 

AGA(男性型脱毛症)が発症する仕組み

男性の薄毛は、生え際から頭頂部にかけての部分に集中して発症するのが特徴で、M字ハゲや河童ハゲなどと表現されています。これは、この範囲の毛根内部に存在している還元酵素に男性ホルモンのテストステロンが変換されることで作り出されるDHTの作用によるものです。

この物質が特定の受容体と結合すると脱毛因子を誘導し、ヘアサイクルにおける成長期が短縮されてしまいます。これにより、髪の毛は太く長く成長することなく抜けてしまうので、軟毛化と呼ばれる状態になります。このDHTが原因の薄毛は、男性型脱毛症という意味のAGAと呼ばれています。

フィンペシアのAGAに対しての効果

フィンペシアは、インドの製薬メーカーが提供している抗アンドロゲン薬で、AGAの原因物質DHTを抑制します。具体的には、主成分として配合されているfinasterideの作用により、DHTの生産に関与している還元酵素のⅡ型5α-reductaseの活性を阻害するという内容で、狂わされていたヘアサイクルが正常な状態に回復するので、AGAの進行が抑制されることになります。ちなみに、finasterideを主成分とした先行医薬品は既に厚生労働省から承認されており、AGA治療を行っているクリニックで処方されています。

フィンペシアの特徴と副作用の内容

フィンペシアは、finasterideを主成分としたジェネリックで、先行医薬品と比較すると10分の1未満の金額で購入することが出来ます。つまり、コストの面で多大なメリットを享受できるということで、経済的な負担を少なくしたい人にはオススメです。なお、フィンペシアが生産を抑制するDHTは、男性生殖器の発育をサポートするなど性機能に関与しているので、この物質を抑制することにより、性欲の減退やED、精子の減少などの副作用が発生する危険があります。このために、未成年者への処方は行われていません。

 

厚生労働省から承認されているAGA治療薬は、1年間かけて実施した臨床試験において軽度改善以上が58パーセント、不変以上が98パーセントの被験者に確認されたという結果が出ています。このAGA治療薬と同じfinasterideを主成分としているフィンペシアは、同様の効果を期待できるということです。特に、進行を防ぐという点では非常に有効で、薄毛が発症したばかりの20代などの若い世代には効果的です。

-AGA治療, 婚活準備
-, , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.