AGA治療 婚活準備

フィンペシア(ジェネリック)の特長とおすすめな理由

AGA治療薬として名高いプロペシアですが、薬として優秀でも一つだけネックになる点があります。それはずばり「価格」です。服用期間が短いのであれば、多少高くてもプロペシアというブランドにお金を払うのは仕方ないのかもしれません。

 

 

 

AGA治療薬は飲む期間が大切

ところがAGA治療は数日間薬を飲んでハイ終わり、といった気軽なものではなく場合によっては数年間以上飲み続ける必要があるもので、そのためなるべく安く購入したいところです。まず、クリニックを受診してAGAと診断を受けたら、かならずしもそこで治療を受け続ける必要はありません。AGAとわかってしまえば対処法は結局服薬ですから、プロペシアを自分で個人輸入してしまうほうが安くつき、診察料もかかりません。しかしこれだけではさほど節約にはならないため、もう一つの手段、ジェネリック医薬品の選択をしましょう。

ジェネリック医薬品の詳細

ジェネリックとは、先発の新薬の特許が切れてから発売された後発の医薬品のことです。先発のように研究費用を投じずにその成果をそのまま使えるため、非常に安価で、効果も安全性も先発薬に引けをとらない、とてもリーズナブルなお薬といえます。プロペシアに対してはフィンペシア(ジェネリック)があり、これは個人輸入の月額で比較するとプロペシア5000円に対してフィンペシア(ジェネリック)2500円と、ほぼ半額で同じ効果を得られます。10年間服用を続けるとすると、なんと2500×12×10=30万円もお得になる計算です。ぜひフィンペシア(ジェネリック)を個人輸入して使うようにしましょう。

フィンペシアの特徴と注意点

フィンペシア(ジェネリック)を使うにあたって、「キノリンイエロー」について把握しておくほうが良いでしょう。キノリンイエローとは、フィンペシアの初期製品に使われていた着色料で、「発がん性がある」として一時期噂になった物質です。実際には発がん性は確認できなかったのですが、日本では食品添加物としては認められていない成分なので(医療品・化粧品としては認可されています)、気になる方はこれが入っていない「キノリンイエローフリー」のフィンペシアを選んで購入しましょう。購入の際には、100錠入りのものや有効成分フィナステリドの用量が多いものを買って分割して服用するとさらにお得です。フィナステリドは男性には無害ですが、女性には危険な物質ですので錠剤を割る際には飛び散らないよう、ピルカッターで気を付けて割るなどの注意をしましょう。

 

申込みはこちら

-AGA治療, 婚活準備
-

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.