妊活サプリ 結婚生活

葉酸が多く含まれる食材まとめ

葉酸が多く含まれる食材まとめ

葉酸は妊娠初期に必要不可欠な栄養素です。

ほうれん草やブロッコリー、イチゴ、枝豆、焼き海苔などの食材に多く含まれています。

ただし、調理の過程で失われやすい栄養素なので、サプリメントなども利用するのがおすすめです。

 


葉酸は妊娠初期に必要不可欠な栄養素

葉酸はビタミンB群の一種で、妊娠中や産後の授乳期に欠かせない栄養素と言われています。体内で細胞が増殖する時にはDNAが合成されますが、その過程に必要不可欠な栄養素だからです。

特に重要な器官が形成される妊娠初期には、十分な葉酸を摂取することが推奨されています。この時期には細胞分裂が盛んに行われるので、不足してしまうとお腹の赤ちゃんの発達に影響を及ぼしてしまうことがあります。

また、葉酸を十分に摂取することで、お腹の赤ちゃんの先天性異常が発症するリスクを低くすることができるというデータもあります。

どういった食材に多く含まれるのか

葉酸はほうれん草の葉から発見されたので、その名が付いたと言われています。

そのためほうれん草は多く含まれる食材です。ブロッコリーやモロヘイヤ、かぼちゃなどの緑黄色野菜やイチゴ、みかん、バナナ、アボカドといったフルーツにも含まれています。葉酸が多く含まれる食材にはその他にも、焼き海苔や日本茶、酒粕、ウニ、納豆、枝豆、エリンギ、マイタケなどがあります。

また、妊娠中はカルシウムや鉄分なども不足しがちになると言われています。そのため出来るだけ栄養バランスの整った食事をすることが重要です。

食事だけで必要量を摂取するのは難しい

葉酸は水溶性のビタミンなので、水に溶けやすいといった性質があります。また、熱に弱いという性質もあります。そのため調理の過程で失われてしまうことが多く、必要量を全て食事から摂取するのは難しいと言われています。

また、悪阻などがひどくてなかなか普通の食事ができないといった女性も多いものです。そんな時には、手軽に摂取することができるサプリメントがおすすめです。

鉄分やカルシウム、ビタミンなどのサプリメントと併せて摂取することで、産後の赤ちゃんの世話で忙しい時でも簡単に栄養バランスを整えることができます。

まとめ

妊娠中や産後の授乳期には、葉酸を始めとして様々な栄養素を摂取する必要があります。特に妊娠初期の摂取が重要とされています。

葉酸が多く含まれる食材を食べるなど栄養バランスの良い食事をすることが望まれます。しかし、食事だけで必要量を確保するのは難しいので、手軽に摂取できるサプリメントなどを利用するのがおすすめです。

-妊活サプリ, 結婚生活
-, , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.