中古買取 クルマ買取

中古車買取に必要な手続きや届け出

中古車買取に必要な手続きとして、最も重要なのは査定です。査定というのは売却予定の中古車をいくらで買い取るかを様々な要素を元に算出していくことで、通常買取業者の査定士が30分程度の時間をかけてじっくり査定していきます。

ネット査定は正確な買取価格か?

ネットの中古車買取一括査定サイトなどでは、車種、年式、走行距離、事故歴があるかどうかなどを書き込めば簡単に査定してもらうことができますが、これは正確な査定ではありません。実際に買い取りをしてもらう場合は実際に中古車を見ながら、もう一度丁寧に査定してくことになります。ただ車種ごとにある程度相場が決まっているので、車種、年式、走行距離だけでもある程度の買取価格をはじき出すことはできます。出張査定ではネット査定に対して、プラスアルファの査定が行われると考えれば良いでしょう。

中古車を売却する際に必要な書類

中古車買取業者に中古車を売却することが正式に決まったら、契約書を交わす手続きに入りますが、その際にいくつかの用意しておかなければならない必要書類があります。必要書類は列挙すると、自動車検査証、印鑑登録証明書、自賠責保険証明書、自動車納税証明書、実印、振込口座情報などです。もし一部でもない場合は買取ができませんので注意しましょう。万一車検証や納税証明書などが紛失してしまった場合は、再発行の手続きが必要です。車検証とは異なる住所に引っ越した場合は住民票の提出も必要になります。

その他で気を付けなければならないことなど

さらに、他県ナンバーの中古車を売却する場合は、戸籍謄本の附票が必要になります。戸籍が他県の場合は郵送で送ってもらうことになるため時間を要します。早く売却を進めていくためにも、早めに戸籍謄本の附票を取り寄せるようにしましょう。なお、譲渡証明書や委任状などは買取業者のほうで作成してもらいます。なお、軽自動車の売却の場合は、陸運局へではなく、お住まいの市町村の市役所又は区役所に届け出となります。また、自動車を廃車にする場合も自動車検査証返納届、解体届出などの届け出を提出しなければなりません

中古車買取をする場合は、多少面倒な手続きがあります。そのため予め準備することができる印鑑登録証明書や戸籍謄本の附票や住民票などは早めに取っておくことでスムーズに進めていくことが出来ます。普通自動車と軽自動車では手続きが異なります。また引っ越ししたり、結婚で名前が変わったりした場合も通常とは異なる準備が発生します。

-中古買取, クルマ買取
-, , , , , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.