AGA治療 婚活準備

エフペシアの効果と費用・副作用

AGA・男性型脱毛症治療薬として有名なプロペシアと同じ成分で同じ効果効能を持ちながら、ジェネリック医薬品のためにお値段は安い、それがエフペシアです。プロペシアのジェネリック品は他にもあるものの、選ばれているのには副作用の面で理由があります。

 

 

エフペシアの主成分と効果効能について

元々、前立腺肥大症治療に利用されていたフィナステリドがAGAを改善してくれることが分かり、その成分を含むAGA治療薬として世界的ヒットとなったのがエフペシアです。そのジェネリック医薬品であるエフペシアももちろんフィナステリドが主成分です。同じようにAGAに効くにも関わらず費用がかなり安くなるのが魅力です。AGA治療薬は即効性はありません。少なくとも数ヶ月は使い続ける必要があり、そのためにも成分はもちろんのことながら、継続が可能なレベルの費用であることも重要なのです。

エフペシアが選ばれていた理由について

他にもジェネリック品やありますが、その中でも選ばれるのには理由があります。元々はフィンペシアが人気だったのですが、こちらはコーティング剤の成分として使われているキノリンイエローに発がん性があるといううわさが広がったのです。フィンペシアを日本で販売するのが厳しくなる中、インド第2位の製薬メーカーシプラ社がキノリンイエローを含まない商品をということで開発したのがこの薬なのです。今ではフィンペシアも日本で販売されていますが、こちらはキノリンイエロー不使用の改良版なのです。

現在のAGA治療薬の移り変わりとは

どちらもキノリンイエローが不使用で成分が同じになった現在、2つの商品に分ける必要はありません。今は改良版のフィンペシアに一本化されています。キノリンイエローは使われていないため発がん性に対する心配はありませんが、どちらも男性ホルモンに働きかける製品だけに、性欲不振や射精障害などの副作用の危険はあります。血圧が上昇しやすかったり肝臓の数値が上がることもあります。ただ、使用をストップすれば元に戻るレベルです。3週間ほどで身体から影響がなくなりますし、副作用が起こるのは全体の2パーセント程度に過ぎません。日本において成人男性の5人に1人は男性型脱毛症であると言われています

 

そんな中、さまざまな治療薬が日々開発されているのです。エフペシアも、より高い効果があり、それでいて安く安全性も高いAGA治療薬をと望む中で生まれたものです。用法用量を守って、毎日続けるようにすれば、薄毛対策に期待がもてるはずです。

-AGA治療, 婚活準備
-, , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.