法律事務所 債務整理

債務整理の無料相談を活用しよう

金額の大小はあるにせよ、誰にでも借金はあるものです。したがって、自分の現在の残高を把握し、毎月、滞りなく支払いができていれば、何の問題もありませんが、いくつもの金融機関やカード会社からの借り入れがある場合には注意が必要です。

自分の借入残額を把握することが大切

以前と比較すると、私たちは非常にお金を借りやすい環境にあると言えます。キャッシュカードに、キャッシングの機能が付加されているものが多いため24時間いつでも、コンビニエンスストアに行けば、ATMで簡単にお金を借りることができます。 もちろん、総量規制が定められ、収入の3分の1以上のキャッシングはできない仕組みとなっているものの、銀行系のキャッシングは対象外ですから、債務整理とならないようにするためには、自己管理の徹底が必要であり、その一環として、常に、自分の借入残額がどのくらいあるのかを把握しておくことが大切です。

どのくらいの借金で債務整理を検討すべきか

債務整理と聞くと、自己破産を真っ先にイメージする人も少なくありませんが、その種類は、任意整理、民事再生、自己破産という3つの方法があります。これらは、借財のある人を糾弾しようというものではなく、債務者を一旦借金苦から解放し、日々の生活を正常な状態に戻すことによって、その人を再生することが目的です。 したがって、債務の残高がどのくらいかではなく、残高がわからなくなってしまった場合や、金融機関などからの督促が厳しくて、日常生活に支障を来すようであれば、弁護士や司法書士事務所が主催する無料相談を活用すべきです。

債務整理を行うか否かの見極めが大切

任意整理、民事再生、自己破産といった債務整理を行えば、少なからず金融機関やクレジット会社に不利益を負わせることになりますから、数年間はローンが組めなかったり、クレジットカードを使用することはできませんから、債務整理を行わないで管済できるのであれば、それに越したことはありません。 つまり、債務整理を行うか否かの見極めが大切であり、そのためには、弁護士事務所などの無料相談を活用するとともに、自分が、後どれだけの借金が可能なのか、また、現時点での毎月の支払額を調べておくことです。

債務整理は決して、債務者を糾弾するものではありませんが、活用しないに越したことはありません。そこで大切なのが見極めになりますが、その方法としては、現時点での自分の借金を洗い出し、どのくらいまでの金額であれば返済可能なのかを把握しておくことです。その上で、弁護士や司法書士が主催する無料相談を利用することも大切です。

-法律事務所, 債務整理
-, ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.