終活準備 冠婚葬祭

お葬式前にしなければいけないこと

お葬式前にしなければいけないこと

病気で入院していたならともかく、突然に近しいものに死が訪れたときに慌てなくて済むように、良い葬儀を実現するためにも、お葬式前にすることの流れはある程度知っておいた方がよいでしょう。 葬儀場を決めたり、亡くなった事を伝えたりと大忙しです。

 

 

ご臨終の後、お葬式までの流れとは

大抵の場合、病院のベッドにてご臨終となるでしょう。すぐに葬儀社を決め、できるだけ早く葬儀の日程を決めるとともに、宗教者を抑えたり火葬の日程を抑えたりしないと回りに知らせることができません。葬儀場が抑えられればお葬式前の遺体の置き場所に困ることもありません。 慌てないためにも、お葬式前に故人の生前からどんな葬儀を希望するのか、信仰していた宗教や日頃からお世話になっていた寺社の情報など聞いておくとよいでしょう。ある程度の年齢になったらエンディングノートを書いておいてもらうのもおすすめです。

亡くなったことを伝えるようにしましょう

葬儀の日程など決まれば周囲に電話することができます。ただし、最近多い家族葬だと参列して欲しいのか来なくてよいのかきっちりと説明しておいた方が混乱を招くことがありません。死亡診断書を発行しないと葬儀や告別式などの日程は確定しないのでご注意ください。火葬許可証も死亡診断書に必要事項を記入して役場に提出することで交付してもらえます。 最近は住所録をきちんと記していない場合も多いです。故人の親しかった友人などにもお知らせするためにも、やはり生前からの調査が必要となってきます

お葬式について具体的に決めましょう

葬儀の日程が決まれば、誰が喪主をするのか、世話役は誰か、遺影はどの写真を使用するかなど具体的に決めていくことになります。お葬式前の忙しいときですが、悔いを残さないためにもよく検討してください。それなりの人数の参列者がいるようであれば受付や会計係・接待係・交通整理係なども必要となります。身内だけを呼んで、故人とのお別れをゆっくりとやりたいというなら家族葬ですし、最近、僧侶を呼ぶことさえも無く、お別れの後にすぐ火葬を行うという小さなお葬式という形式も増えてきてはいます。

故人との別れを悲しむ間もなくお葬式前の準備としてさまざまなことを行わなければならなくなります。葬儀社にサポートしてもらいながらも、良い葬儀を実現させるためにも自分たちでよく考えて決めていってください。悔いが残らないようにするためには、生前から良く話をしておくことです。親戚同士も仲良くしていればいざというときにもめずに済みます。

-終活準備, 冠婚葬祭

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.