終活準備 冠婚葬祭

多方面から観る葬式に関しての費用

多方面から観る葬式に関しての費用

冠婚葬祭にお金は掛かるものと昔から決まっています。

ではどのくらい費用が掛かるかと言えば、大凡では数百万は掛かると言われます。

但し、その葬式のスタイルで掛かる費用も様々ではあります。

その理由としては、葬儀と言うのは、とにもかくにも人生上一度しか訪れないと言う儀式となりますから、故人を弔う意味に於いても、お金は掛かると言う訳です。

葬式の背景としての費用の掛かり具合

しかも、お悔やみに関して言えば、遺族の場合は元より、それ以外の故人にとっての知人や友人、親族にとってもある程度の費用は掛かる事になります。遺族以外から観る事の出来る葬儀に関しての費用の掛かり具合と言えばまずは花代です。そして香典と言う事になります。

その他にも親しい知人や友人他からすれば葬儀には参列は出来ないが伝言としてのお悔やみの言葉を述べたいと言う事になります。そのために用意されているのが電報です。葬儀の場合であれば、この電報の事を弔電と言います。

ただ、この弔電もその昔であれば、それほど高価なものではなかったです。かなりオーソドックスなものでしたが、時代が変わったと言う事です。かなり豪華に作成されています。そういう意味でも電報の中では高額です。

葬式の背景としての費用の掛かり具合です

しかも、この電報の場合の相場が5千円以内となります。様々な価格が設定されていますが、さすがに故人に贈るための電報と言う事になります。失礼があってはいけないと言う意味でも、かなりデザインも富んでおり、綺麗な仕上がりの品物と言う事にもなります。

この弔電は、葬儀には参列出来ないが、お悔やみの言葉として、本人のために葬儀の際にメッセージを手向けて欲しいと言う故人を偲ぶ人たちによって寄せられる一通の手紙でもあります。そのために貴重な手紙と言う事にもなります。

だからこそ、それ相応の貴重と言う意味での金額的なものもあると言う事です。多い場合であれば、この電報だけで数10通ともなる場合があります。そのために故人な遺族にとっては、大切なものでもあり、掛け替えのないものでもあります。

葬式の背景としての費用の掛かり程度

葬儀と言う儀式に関して掛かる費用と言うのは、様々な方面から掛かって来ます。それは遺族が支払う費用以外にも不特定多数としても費用は掛かります。もちろん直接儀式に参列出来ない人にとっても、弔電と言う方法で儀式に参列したものとして扱われると言う事になります。

この場合は特に、遠方からでも贈られますからある意味では手軽な葬儀に対してのお金の使い方と言う考え方もあります。もちろん、国内は元より、海外に在住している親族や友人知人にとってしてみれば日本に住んでいる人がその人に成り代わっての電報としても活用できると言う意味合いもありますから、様々な面で有効とも言える訳です。

そして最後に、弔電にはデザインもさながらメッセージの質もあります。そのために高価な手紙でもあります。

まとめ

葬儀に関する費用は掛かります。それは決して故人にとっての遺族だけではなく、親族にも及べば、またその周囲、友人知人、その他不特定多数にとっても、何かしらの関わりがあると同時に、それに比例してのお金は掛かると言う事になる訳です。

-終活準備, 冠婚葬祭
-, , , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.