終活準備 冠婚葬祭

葬式の告別式の内容と流れについて

葬式の告別式の内容と流れについて

葬式とひと口に言っても、通夜と葬儀、そして告別式がありそれぞれに内容や意味合いには違いがあります。

その中でも告別式は、遺族や親族をはじめとした参列者が個人と最後の別れをする大切な時間となる、重要な式となります。


告別式の内容とメリットについて

告別式は参列者全員が焼香をし、故人との別れをする儀式となっています。行うことにより、故人が亡くなったということを受け止めることができるようになるのではないでしょうか。受け止める機会を設けることで、亡くなったことを受け入れることができるようになり、前向きに進んで行くことができます。

執り行うメリットは沢山ありますが、内容をきちんと把握しておくことが大切になります。喪主や家族が内容をはっきりと知っておかないと、当日スケジュール通りに進めていくことが難しくなります。葬儀業者が進めていくとは言っても、ある程度は理解しておく必要はあるのではないでしょうか。

告別式を執り行う際の注意点について

分刻みのスケジュールで進んで行くことになりますが、葬儀社が時間の調整は行ってくれるので、喪主となる人やその家族がスケジュール調整をする必要はありません。喪主の場合は、挨拶などで気も遣わなくてはならないので大変なので任せられる業者に依頼するに越したことはないのではないでしょうか。

内容がわからないことだらけとなるのは、当然のことであり多くの人が疑問を持っています。参列者が別れをする機会となるので、良し悪しによって参列者の満足度にも違いがあるので気をつけるようにしておきましょう。注意しておかないとならない点は多々あります。

告別式に参列するときのマナーについて

告別式か通夜かどちらに参列するべきかで頭を悩ませる人も多いのではないでしょうか。どちらか片方だけ参加すれば良いとされているケースが大半となっています。しかし地域のしきたりによって異なるので、参列する際にはその地域のしきたりを調べておくようにしましょう。

もちろん通常でも、両方に参列するのも良しとされています。通夜のみに参列するとしている地域が多いですが、中には通夜は親族など身近な人のみとなっているところもあります。

その場合友人や知人となる立場の人が足を運ぶと浮いてしまうことになり、迷惑をかけるので気をつけるべきです。

まとめ

葬式の中でも、告別式は重要と考えている人も多いのではないでしょうか。故人や家族は勿論ですが参列者にとっても、重要なシーンとなります。葬儀業者をしっかりと見極め、満足できる告別式を執り行ってくれるところを選びましょう。

-終活準備, 冠婚葬祭
-, , , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.