終活準備 冠婚葬祭

お葬式へ着て行くべき正装である服装

お葬式へ着て行くべき正装である服装

家族葬が主流になっている今は、高齢化社会になったことでお葬式に参列することが多く、急に参列しなくてはならなくなったときに困らないようにしなくてはなりません。

特にマナーというのはわからないと困り、服装には気をつけないといけません。


男性が着ていかないといけない服装

男性の場合には身内など以外にも仕事の関係でお葬式に参列しなくてはいけないときもあり、自分の会社や取引先の社葬に出るということも少なくありません。

そこで社会人になったらやはり用意するべきものにブラックフォーマルがありますので、仕事とは別の冠婚葬祭用のブラックのスーツを買って置くと急に参列となったときに便利になります。

お葬式のときには光るものや派手なものというのはマナー違反になりますので、男性の場合であればエナメルなど光る靴にも気をつけて参列しないといけません。もちろん金属がついているような靴もマナー違反になります。

服装以外のことも気をつけたい女性

今は女性用のブラックフォーマルのスーツも売っていますので、女性の場合も急なお葬式の参列のためにきちんと冠婚葬祭用のスーツを用意しておくことが良いといえます。

女性の場合にはブラックフォーマルの場合にはスカートやワンピースになりますので、スカートの丈がひざ上になっていないか丈の長さを確認して購入するようにしないといけません。

また女性には服装と同じように大事なのがヘアメイクになり、お葬式へ参列するときには控えめなメイクそしてヘアスタイルもまとめ髪にして髪飾りは派手なものは避ける様にしないといけません。

アクセサリーまで気をつけるべき服装

お葬式ではブラックフォーマルの正装をすることが常識になりますが、服装と一緒に気をつけるべきなのがアクセサリーになります。最近は女性だけではなく男性もアクセサリーをつけるようになっているので、男性が参列するときにも結婚指輪以外のアクセサリーはつけないようにしないといけません。

女性の場合にも真珠のアクセサリーをつけることが多いですが、その際には一連にものが正しく二連にすると不幸が重なるといった意味を連想するのでマナー違反になります。

アクセサリーをつけるときにはネックレスくらいが好ましく、それ以外ならイヤリングだけにしておきます。

まとめ

高齢化社会になったことでお葬式へ行くのは誰でもありえることになり、お葬式のマナーや服装というのは社会人の常識として知るべき基礎知識になります。

亡くなった故人や遺族の気持ちを一番に考えることが大事なポイントになります。

-終活準備, 冠婚葬祭
-, , , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.