終活準備 冠婚葬祭

お葬式における挨拶で気をつけること

お葬式における挨拶で気をつけること

お葬式においては、挨拶は欠かせません。

遺族側の立場となって、葬儀の喪主を務めることになれば、全体を取り仕切るだけでなく、様々な場面において挨拶を行う必要があります。

また、参列する立場であっても、受付や会葬の最後に遺族と言葉を交わす機会があります。

失礼がないように、上手に話をするにはどうすればいいか誰しも不安があります。


挨拶する時全般に気をつけること

最も気をつけなければいけないことは、忌み言葉です。忌み言葉とは、その名の通り使うことがタブーとされている言葉です。これを使ってしまうと失礼に当たりますし、縁起も良くありません。

また、喪主が話をする時間はけっこう長くなりますが、すべてを覚えておく必要はありません。故人のことや参列者に対する感謝を述べることが目的ですので、メモを見ながらの挨拶でまったく問題ありません

逆に、メモを持たずに挨拶して、言葉に詰まったり、正しくない言葉を使ってしまった方が、厳粛なお葬式にとってはふさわしくないことになります。

喪主が葬式などの一連の流れにおいて挨拶する機会

喪主は、お葬式の全体を取り仕切りますので、いろいろな場面で挨拶する機会があります。例えば、お寺のお坊さんに読経をお願いしたり、来てもらってお迎えするとき、読経が終わってお布施を渡すときなど、僧侶に対するものでも結構大変です。

弔問客へ対してはもちろんのこと、そのほかお手伝いをしてくれた人や世話役の人へのお礼の言葉も欠かせません。通夜が終わった後の通夜振る舞いのときや、火葬の際の最後のお見送りの時など、機会はいっぱいです。

状況に応じて事前に考えておくことが必要ですが、心を込めて、感謝の気持ちを伝えるという心がけがあれば、言葉もでてきます

参列する側として挨拶をする場合に注意すること

お葬式に会葬者として参列する場合、受付にてお悔やみを述べ、香典を渡し、記帳をします。ここで香典返しも受け取る場合が多いです。

受付後は祭壇のある部屋へ向かいます。遺族の側は、たいていの場合バタバタしていますので、よほど親しい間柄でない限りは、遠慮した方が望ましいです。

しかし、遺族が参列者の挨拶を受けている場合は、列に並んでお悔やみを述べることになります、その場合は、忌み言葉を使わないように気をつけるとともに、できる限り簡潔に、心をこめた言葉を伝えることです。

亡くなられた経緯を尋ねるなどはもってのほかで、長話をしてはいけません。

まとめ

お通夜やお葬式は、いつも突然にやってきます。通常であれば、それほど頻繁に経験するものでもありませんので、その度にマナーはどうだったかと考えてしまいがちです。

だからこそ、故人や遺族に失礼がないよう、まわりから常識がないと言われないよう、基本的なマナーや知識はしっかり身に付けておきたいところです。

-終活準備, 冠婚葬祭
-, , , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.