終活準備 冠婚葬祭

お葬式の種類とそれぞれのポイント

お葬式の種類とそれぞれのポイント

お葬式の準備は突然必要になることが多く、落ち着いて考える時間はなかなか無いということがあります。

そのため、日頃から葬儀に関する知識を持っておくといざという時に役立ちます。

中には会社や仕事が関係する葬儀もあります。


故人にとっても会社にとっても重要な社葬

お葬式にはいくつかの種類があります。その中で会社が主体となって挙げるのが社葬です。一般的には会社の中で重大な役割を果たしていた人物を弔うために挙げます。社葬ではその会社に所属する方はもちろん、関連のある会社の方も参列します。

そのため、社葬は会社の評判にも影響を与えかねません。それゆえ、葬儀社の選択から葬儀場や火葬場まで全てをしっかりとした情報の下で選択する必要があります。

会社と喪家が合同で挙げる葬儀合同葬といいます。こちらも形式としては社葬に似ています。喪家の意思を尊重するのも大切なことといえます。

昨今増加している小規模のお葬式

昨今では大規模なお葬式よりも本当に親しい人だけのお葬式を望む方もいます。遺族の中にお年寄りがいる場合では、大規模な葬儀で色んな方々へと挨拶をするのも大きな負担となります。気兼ねせずに故人への想いに専念したいというニーズもあります。

そこで家族や一部の親戚だけで行うお葬式があります。それが家族葬です。故人が家族の負担を軽減したいと遺言にてこの家族葬を希望することもあります。

家族と特に親しい友人のみが参加する葬儀は密葬と呼ばれることもあります。家族葬と密葬は非常に近い種類の葬儀であり、規模や形式にも大きな違いはありません。

型にとらわれない様々な形式のお葬式

通常のお葬式とは根本的に異なる形式の葬儀もあります。その一つが一日葬です。一日葬とはお通夜を行わず、一日で火葬まで行う形式の葬儀です。何らかの理由でどうしてもお通夜とお葬式の二日をかけることが出来ない方が一日葬を選択することがあります。

他にも寺院葬や教会葬のように通常の葬儀とは会場が異なる葬儀もあります。故人が音楽を好きだった場合は音楽葬を選択することも出来ます。

その他故人の趣味を尊重したオリジナリティのある形式の葬儀を挙げる方もいます。今や形にとらわれない葬儀も増えてきていて、選択の余地はたくさんあります。

まとめ

葬儀において重要なのはやはり故人の意思を尊重することです。葬儀の種類が様々になってきたことで、故人が望むような葬儀を選択しやすくなりました。

故人のためにも、遺族のためにも納得する形式の葬儀を選ぶこと自体が弔いになります。

-終活準備, 冠婚葬祭
-, , , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.