終活準備 冠婚葬祭

一般的に掛かる葬式の費用について

一般的に掛かる葬式の費用について

かつての日本の葬儀のスタイルと言えば、その殆どが檀家であるお寺で行うのが主流と言う背景があります。

それが近年では専門的な業者が誕生して、一種の業種として営業し始めたのが葬儀社と言う業種です。

しかしながら、この専門業者が誕生し以来、葬式と言う一つの儀式が極身近に感じられる儀式として生活にも滲み出てきたと言うのがここ数十年の足跡でもあります。

一般的な葬式でも費用は掛かります

そしてこの葬儀にはやはり冠婚葬祭と言う意味に於いてかなりの金額と言う費用が掛かっていると言う事にとなります。その費用、大まかに見ても3桁の数字となる事が一般的です。

まず何にお金が掛かるかと言えば、絶対的に必要な事が檀家である住職に葬式の読経と言う事でお布施と言う金額が掛かります。

葬儀の時に読経を唱える数十分の時間におおよそ数万円掛かります。中には一人の住職以外にもにも複数の住職に依頼する場合もありますから、その分も含めれば十数万の金額が読経だけに掛かると言う事になります。

その他にはやはり専門業者の葬儀社におおよそ7割の金額が支払われると言う事になります。これは、葬儀の準備と撤去全てが入っています。

一般的な葬式に必要となる費用です

一番金額が掛かると言うのがやはり葬儀社に関しての費用です。これは即ち葬儀社が全てプロデュースする訳ですから、当然の事と言う事になります。

葬儀に関しての演出としては葬儀社自体が会場となるのが一般的ですから、家族としては、どれくらいの費用となるかは予算内での相談と言う事になりますから、葬儀社と相談の上で弾き出された金額で葬式を行うと言う事になります。

それ以外での家族葬と言う事になればやはり自宅での葬式スタイルと言う事になります。この場合は、上手に葬儀の流れを考慮すればそれほど費用が嵩むものでもないですが、全体的には一番掛かるところで葬儀社と料理と言う事になります。料理にも様々ある訳です。

一般的な葬儀に必要な諸費用です

つまりは家庭の事情と言う事もあります。要するに環境です。葬儀全体を自宅で出来ないための葬儀社に委託です。その他には家族と親族とで協力して執り行うと言う葬儀のスタイルです。葬儀社で葬式を執り行う場合は、全てが葬儀社との予算打ち合わせと言う事になります。

それては別に自宅での葬儀の場合は、葬儀自体が葬儀社に依頼と言う事になり、その他の諸々については全てが遺族によっての予算でと言う事になります。つまりは料理にしても遺族に掛かってくると言う事になります。

葬儀社であれば仕出し屋との提携もありますから必ずその間に手数料が発生します。つまりはマージンと言う事になります。それとは逆に自宅での場合であればその価格だけでの料金となる訳です。

まとめ

全体的に計算すると、近年の場合は、その家庭環境もあり、葬儀のスタイルと言うのはその時々により全く異なります。全ては予算内で営まれると言うのが葬儀のスタイルです。

掛かる金額がありますが、それでも弔問客からの香典と言う事を踏まえると、葬儀に掛かる費用と合わせてみ見れば差引と言う事にもなる訳です。

-終活準備, 冠婚葬祭
-, , , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.