終活準備 冠婚葬祭

葬式やお墓にかかる費用について

葬式やお墓にかかる費用について

葬式とは葬儀の事をさし、一般的な告別式や家族葬など様々な種類があります。

ひとくくりに葬儀といっても、葬儀の儀式の費用だけではおさまりません

葬儀の費用については葬儀の儀式の費用である葬儀一式費用のほかにも、寺院への費用であるお布施や参列者に対しての飲食費用などもあります。

葬儀社での見積りには葬儀一式費用しか含まれておらず、その額面以上に他に費用がかかることがほとんどです。


お葬式の値段やプランは葬儀社によって変わる

葬式の全体的なお値段は主に、葬儀の内容や業者によって大きく変わります。葬儀社も安さだけでなく、葬儀内容やお布施やお墓のことまで相談できる葬儀社を選ぶと安心できます。

葬儀社はその町ごとの葬儀を数多く手配しているプロフェッショナルなので、寺院やあらゆる形式に対応した会場の手配や、葬儀後のお墓や葬儀でのマナーなども相談できます。また葬儀業者によって、接待飲食費や寺院費が含まれた料金を算出し、一括で会計を代行してくれる所もあるのでよくチェックした方がいいです。

おおまかな費用はプランや葬儀内容、そして人数によって異なります。

葬儀の形式や値段の違いについて

もっともシンプルなのは火葬式です。火葬式は直葬ともいいます。一般的な葬儀の形式や内容を省いて、火葬のみを行います。おおまかな費用は、50万円以下であることが多いです。

この他には家族葬があり、葬儀方法として近年多くなっています。内容としては、まず親近者だけで葬儀を行い、その後に火葬を行います。厳密に言えば、近親者の10人以下の人数で行うことが形式となる葬儀ですが、もう少し多い人数でも家族葬として行うことは可能です。費用は50万円から100万円くらいが大まかな目安です。

葬儀社によっては様々なプランが用意されていることもあります。

最後に一般葬を紹介しておきます。こちらは一般的な形式の葬儀で、費用は最低でも100万以上となり、会場や人数などの規模などに金額は大きく変わります

お墓の値段は墓石だけではないので注意

葬式に続いて、気になるのはお墓の値段ですが、お墓といっても墓石だけではありません。まずはじめに墓石の値段の平均は約150万円程度です。業者さんの加工代や墓石そのものの質によって値段が変わります。しかしこれはあくまでも、墓石代のみです。

お墓を建て、しっかりお参りできるように維持するには、墓地を使うための費用が必要です。お墓のために必要な費用は、墓石と墓地の両方を指します。墓地には様々な種類があり、寺院や霊園の種類によって変わります。

平均は約70万円とされていますが、一等地や有名な寺院においては200万円を超えることも容易に起こりえます。なので、家や不動産購入と同じく、お参りすることを想定し、将来を見据えた建設的な計画が必要です。

まとめ

葬式もお墓も、用意するときは突然のタイミングになることが多いと思います。しかし、しっかりとした葬儀社や寺院の方とお話することで、予算の問題も簡単に解決することができます。

なので、あらゆる葬儀社に連絡をとり、最高のプランを考えてもらえる所を探すことが一番の最善策です。

-終活準備, 冠婚葬祭
-, , , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.