終活準備 冠婚葬祭

葬儀における最低限度のマナーを知りましょう

葬儀における最低限度のマナーを知りましょう

最近の葬儀に、家族葬とか直葬と言われる形で行われることが多くなり、以前から行なわれて来た、個人葬と言われる一般的な式の形が変わって来ているように感じられます。

そんなことから、服装自体にも変化が見られ、黒のスーツを着用しない人までも、見受けられるようになりました。


葬儀の時に着用する服装を知っておきましょう

まず、お通夜とかお葬式が行なわれる時、遺族や親族と言われる喪家の人たちは、弔辞の時に正式な礼装を着ることが基本と言われていました。しかし、最近の男性を比較してみると、略式の礼装と言われる黒のスーツを着ることで、お通夜やお葬式を済ますことが多くなりました。

女性に到っては、お通夜は洋装での正式な礼装を着て、お葬式などには着物の正式礼装と言われて来ましたが、最近では、お通夜もお葬式も洋装にする人が、一般的になりました。ここで勘違いをしてはいけないことに、和装が上位で洋装が下位と言った格づけはないと知っておきましょう。

男性用の服装と女性用の服装について

一般的なマナーとして、男性の場合は、胸元はごくシンプルなもので、ワイシャツは、白の無地とします。ネクタイは、黒の無地を着用することになります。

スーツにおいては、ダブルでもシングルでも構いません。黒のスーツの着用です。またこの時、派手なアクセサリーや時計は、付けることのないようにします。

また女性側のマナーとして、髪はスッキリと纏めるようにします。どうしても髪飾りが必要な時は、艶のない黒のリボンとかバレッタを選ぶようにします。

化粧も出来るだけ、シンプルにすると共に、マニキュアも取るようにしましょう。また、指輪についても、結婚指輪以外のアクセサリーは、控えることが良いとされます。

ワンピース、ツーピースのどちらでも良いのですが、基本は長袖であり、スカートの丈は長めでストッキングは黒が良いとされます。

子供さんの服装にも気をつけることがあります

葬儀におけるお子さんの服装を考えます。意外と難しいのが、子供さんの服装になります。子供さんがいる場合、年齢とか男女に関係なく、学校の制服を着用することが、正式な礼服となります。お通夜の席、お葬式の時、法要の時なども、この制服で問題ありません。

学校に制服がないと言う時には、白のシャツを着用することで、黒か紺、もしくは濃いグレーなど地味系のパンツやスカートでの代用とします。上着を着る時などで、ボタンが金色であるとか派手な時には、ボタンの付け替えを行います。

また、女子の場合において、髪が長いことがあります。その時、三つ編みなどをして、スッキリと纏めることにしましょう。ソックスにおいては、白もしくは黒と言ったものを履くようにします。

まとめ

葬儀と言うもの、急な連絡から執り行なわれることが多いものになります。普段から用意しておくことも大変ですが、一度着用した服を大事に取っておくことも必要です。

そして時には、サイズの確認もしておくと良いでしょう。イザと言う時に、着ることが出来ないのでは、困ることになってしまいます。

-終活準備, 冠婚葬祭
-, , , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.