AGA治療 婚活準備

病院で処方されたジェネリックの利用

薄毛は病院で治療できるようになってきました。

診察によって飲み薬の処方をされることもあります。

薬は決して安いものではありませんが、同じ効果が得られるジェネリック薬などを利用すると経済的になります。


ジェネリック薬などを利用すると安く利用

薬局などに行くと、ジェネリック医薬品の利用を勧める広告を目にすることがあります。医薬品は製品が開発されると、それぞれの会社が特許を取ります。それ以降その会社でしか製造販売できませんが、特許は一定期間のみ有効となっています。

それ以降はその技術をもとに自由に医薬品を作ることができます。それがジェネリック医薬品です。飲み薬の育毛剤の中には効果のあるものがありますが、高い場合があります。

ジェネリックタイプであれば、同じ効果のものを割安で利用することができます。薬剤師などに確認すると、ジェネリック薬に換えてもらえます。

発毛を阻害するメカニズムを解除する薬

中高年において、男性と女性では薄毛の割合が大きく異なります。そのことから男性ホルモンが何らかの影響があると考えられていました。最近はさらに進んで、男性ホルモンがある作用をすることが薄毛を促進することがわかっています。

飲み薬タイプの育毛剤としては、男性ホルモンが薄毛を進める作用を抑えるタイプが用意されています。これまでは男性ホルモンそのものを抑えていましたが、それだと男性ホルモンが低減することの副作用が出る場合があります。

新しいタイプは、薄毛を進める作用にのみ影響するので、副作用が出にくくなります

副作用を確認し納得したうえで利用する

薬には一定の副作用があるとされています。誰にも同じ副作用が出るわけではありません。ただ、薬の成分上で安くなることは知られています。ですから、その薬を利用し続けると、副作用が出る可能性があります。

飲み薬タイプの育毛剤の中には、副作用が出るものがあります。男性ホルモンに影響を与えるため、それが症状として出てくることがあります。男性としては、髪の毛も大事だけども、男性ホルモンも大事になります。

事前にどちらを取るかを考えて利用するようにしてみましょう。副作用がひどくなったときは、医師などに相談しないといけません。

まとめ

薄毛の原因としては、男性ホルモンが影響するとされています。飲むタイプの育毛剤では、男性ホルモンに作用させるものがあります。髪の毛は増えてくるけども、一定の副作用が出ることもあるので注意しましょう。

-AGA治療, 婚活準備

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.