子育てサプリ 結婚生活

良質なタンパク質も採れる、子供身長サプリのすすめ

「子どもの身長を伸ばしたい」「よく寝ているのに、イマイチ身長が伸びてくれない」

と、悩んでいる親も多いのではないでしょうか。

子を持つ親にとって、子どもの身長は気になるところですね。

では、身長を伸ばすには、具体的にどのようなことに気を付けなければならないのでしょうか?

身長を伸ばす3代要素は、「睡眠」「運動」「食事」です。

「寝る子は育つ」というように、睡眠は子どもの身長にとても大きく影響します。何故かというと、身長を伸ばす成長ホルモンは、睡眠時にこそ活性化するからです。

充分な睡眠時間は実は18歳ぐらいまでは一日に10~11時間と言われています。では昼間に寝てもいいのかというと、そうではありません。

人間の身体の成長ホルモンは、夜の10時から2時までが活性化しやすいと言われ、更に睡眠状態に入ってから2時間後に出始めると言われています。つまり、夜8時にはベッドにいる事が理想的ですね。

次に運動です。過度な運動は逆に身長を伸ばすことを妨げますが、適度な運動、特に上下運動は成長ホルモン分泌にとても重要です。

疲れすぎず、適度に休みを取り名が、縄跳びやバスケットボールなど、週2、3日行うといいでしょう。睡眠や運動は毎日の生活に取り入れられそうですね。では、最後のポイント、食事についてです。

「好き嫌いせず、モリモリたくさん食べれば大丈夫!牛乳を一杯飲んで…」と考えがちですが、そんなに甘くありません。

まず骨を丈夫にするカルシウムは、意識して取らなければ日本人は慢性的に不足しています。さらにカルシウムとセットでマグネシウムも必ず取らなければなりません。

牛乳を飲んだらピーナッツを、小魚に牡蠣を、ほうれんそうのお浸しには雑魚を絡めて、などなど食べ合わせも大事です。しかし、この辺はモリモリ食べても健康的ですね。

問題はタンパク質。実は身体を作る基本はタンパク質にあり、カルシウムなどのミネラルやビタミンを大工さんに例えるなら、たんぱく質は家を作る木材に当たります。どんなに優秀な大工でも、木材が腐っていたりしたら立派な家は建ちません。

同じように、どんなにビタミン、ミネラルを良質なものを沢山食べても、たんぱく質の「質」が悪ければ、健やかな成長は望めません。ここで、タンパク質を多く含む食品と言えば、肉や大豆、魚、卵です。肉や卵は食べすぎると健康に悪影響ですし、かといって魚や卵ばかりだと成長期のお子様も不満でしょう。

ここでお勧めなのが子供身長サプリです。子供身長サプリでは、良質なタンパク質だけでなく、カルシウムやマグネシウムも含んでおり、バランスよく子供の成長に携わってくれます。

毎日の食生活に、子供身長サプリを採りいれ、楽しく健康的な成長を見守りたいですね。

-子育てサプリ, 結婚生活

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.