終活準備 ダイエット

ホットヨガのダイエット効果

ダイエットに効果的という声と、全く効果が出ないという声が混在するホットヨガですが、
なぜそんな両極端な声が聞こえてくるのかが疑問となりました。
もしかしたら、ダイエットという言葉そのものの勘違いではないかと。
日本では、体重を軽くするのがダイエットだと信じられています。
しかし、元の意味は健康的にシェイプするという意味で考えられています。
それが、ダイエットに効果がないといわれる所以なのではないでしょうか?
ホットヨガは室温39度前後、湿度60~65%の環境の中で行うヨガを言います。
室内が暖かいので、筋肉の収縮が少なく動きやすいという良点があります。
しかし、ゆったりした動きのため、発汗のわりに消費カロリーが少ない気がしますね。
だからこそ、普段運動をしない人にはうってつけなのですが、
ダイエットの結果を早く出したい人には歯がゆいのかもしれませんね。
ホットヨガにはデトックス効果があるといわれています。
信じられないくらいの汗をかくので、それは頷けます。

ヨガ

汗には体内の老廃物が含まれているので、デトックス作用が促され、新陳代謝が活発になります。
しなやかな筋肉がつくことで基礎代謝が上がり痩せやすい体が作られます。
暖かいところだと基礎代謝は上がるといわれています。

室温が1℃上がることで、基礎代謝は13%も上昇するそうです。

暖かいところだと血行も良くなり、むくみや冷えが解消されます。
それによって、肩こりや生理痛も軽減するそうなんです。
そして、よく言われるのが美肌です。
滝のような汗をかくことで、毛穴の汚れや老廃物を排出して、肌にハリが出ます。
ここまで女性に良いこと尽くしだとやらない方が勿体ないですよね。
しかし、このダイエットに失敗する人が陥りがちな罠があります。
それは、食事の時間です。
ホットヨガスタジオでは、ホットヨガをする2時間前と、
終わった後の2時間はご飯は食べないようにと教えてもらいます。
ホットヨガをする前にご飯を食べてしまうと、ヨガのポーズがしづらくなってしまいます。
終わった後は、体はデトックス効果により吸収しやすくなっています
なのでホットヨガが終わった後は、2時間は水かお茶だけを飲むと、よりダイエット効果が高まります。
ホットヨガが終わって心地よい疲労感の中、スイーツやファミレスなどに入ってしまうと本末転倒です。
ダイエットを目的としてホットヨガをするのなら、頻度も重要となります。
週に3~4日はホットヨガを行わないと効果が出るのは遅いです。
週に1~2日にする場合、ダイエット効果は半年から1年を見て長期的に通うのが良いでしょう。
ダイエットのやり方に十人十色あるように、ホットヨガが体質に合う人と合わない人がいます。
先ずは体験コースなどで、長期的に継続できるかを考えてみるといいでしょう。

あこがれの小顔を手に入れるダイエット方法

キュートな小顔になるために、フェイスマッサージで顔のむくみを取り除くというやり方があります。実際には太っていないのに、顔が大きく見えてしまうと、太っている印象を与えてしまいます。できるだけ顔を小さくしたくて、毎日ダイエットをしているという人もいるようです。顔面は、身体の他の部位と同じように筋肉や血管やリンパ腺が流れていますが、筋肉は疲れるとこわばりやすくなり、血液の流れも悪くなります。顔にむくみがあると、なかなか小顔になることができないので、むくみを解消することが先決です。

老廃物や不要な水分が排出されずに顔に残ってむくみになっている時は、リンパの循環を改善するマッサージが有効です。

フェイスマッサージでは、専用のマッサージオイルやクリームを用意します。オイルやクリームはまず手でよく温めて、指の腹を使ってリンパマッサージします。首の後は、額や頬、顎にしっかりと圧力をかけて、フェイスマッサージをしていきます。ダイエット効果が期待できるマッサージを行うことで、引き締まった小顔になることが可能になります。顔の皮膚を保持している筋肉が弱まると、皮膚が自重でたるむようになります。表情をよく動かし、表情筋を使うことで、顔のたるみ予防になります。笑いじわがつくのがいやで笑わないという人もいますが、筋肉は使わないと衰える一方ですから、表情を豊かにすることが大事です。ダイエットといっても、小顔ダイエットはハードな運動や極端なカロリー制限を必要とするダイエット方法ではなく、表情筋のエクササイズや顔のリンパマッサージを主体としたものです。

小顔のダイエットには顔のたるみを取ることが大切

全身のダイエットと違って、顔を引き締めて小顔になりたい場合は、皮下脂肪の燃焼以外にも、たるみやむくみの改善が重要です。顔の筋肉を動かし、硬くこわばった表情筋を柔らかくほぐす小顔エクササイズが効果的です。見た目をが美しくなるためにはどうすればいいかは様々な方法がありますが、その中に、顔を引き締めて小顔になることがあります。ダイエットと聞くとお腹や足、腕などの体の部位が思い浮かびますが、一番目につくところは顔です。体脂肪が増えると、顔が太って見えることが多いですが、体重が減っても顔は大きいままということもあります。ダイエットがうまくいけば体重が減りますので、ある程度小顔になったと感じることはできるでしょう。

体重を減らすことができても、小顔ダイエットが達成できたかといったら、難しいこともあります。舌の筋肉をよく動かすエクササイズで、表情筋の強化を促すダイエット方法があります。舌のエクササイズでは、口を開けずに舌を口の中でぐるっと回します。歯の根に舌を触れるようにして、左上から開始し、右上、右下、左下に動かします。舌を使った体操は口が痛くなるがあるので、慣れるまで回数を少し減らすなどして、長続きさせることを優先しましょう。運動をスタートさせたばかりのころは毎日続けることが難しそうだと思う人もいるようですが、継続するにつれて体が慣れて、小顔にもつながります。フェイスエクササイズを続けることで、たるみの少ない引き締まった小顔を目指しましょう。
フェイスマッサージ

小顔効果のあるマッサージによるダイエット

ダイエットをしたり、顔をマッサージすることで、小顔効果が得られるといいます。せっせとダイエットをしてプロポーションを引き締めることができても、顔が以前のままなら、バランスが悪いと感じるでしょう。体重を落としたからといって小顔になれるわけではありませんので、小顔になるためのダイエットをすることが大事です。小顔になるダイエットに取り組むことで、顔と体の均整がとれた、スリムな見た目になることが可能です。小顔になるために効果のある方法として考えられるのは、まずは顔の筋肉を動かす方法を取り入れることです。顔面には、体と同じく筋肉がありますが、あまり使わない筋肉はだんだんと少なくなっていきます。

顔の筋肉は、顔の皮膚を保持していますので、筋力が低下すると皮膚を支えきれなくなり、皮膚自体の重さで肌がたるみ、ほうれい線や、頬たるみが目立つようになります。普段から、口をたくさん動かして話すように心がけたり、笑顔をつくることを心がけて生活することで、表情筋を伸縮させる機会が多くなります。小顔になるためには、顔の筋肉をよく使うエクササイズを実践することです。あいうえお体操では、あ、い、う、え、おの発音を順番に、口の開け方、閉め方を意識しながら行います。小顔効果のあるダイエットには、リンパの流れを正しくしてむくみをとるマッサージを行うという方法もあります。シュッと引き締まった小顔になると顔のイメージが一変しますので、小顔になれるよう取り組んでいきましょう。

-終活準備, ダイエット

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.