歯磨き 美容

過酸化水素の特徴と作用

 

過酸化水素の特徴と作用

ホワイトニング治療には、歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、自宅で出来るホームホワイトニングの2種類があります。どちらの薬剤にも過酸化水素が含まれているのが特徴で、この成分が歯に作用して、白い歯にすることが出来ます。

 

 

即効性があるのはオフィスホワイトニング

過酸化水素は、光をあてるとより効果を高められるので、オフィスホワイトニングの方が、スピーディーに歯を白くすることが出来ます。ただ単に薬剤を使うだけよりも、光をあてた方が即効性があるので、急いで歯を白くしたい方におすすめです。 ホームホワイトニングは歯科医院ではなく自宅で行うものなので、光をあてることは出来ません。薬剤は過酸化尿素ですが、その中に含まれる過酸化水素が歯に作用し、白くしていきます。光を当てない代わりに時間をかけてケアするので、オフィスホワイトニングと比較すると、色戻りが少なく、確実に白い歯に出来るのが特徴です。

光の乱反射で白く見えるようになります

ホワイトニングの薬剤の成分である過酸化水素や過酸化尿素は、一定温度になると活性酸素と水に分解され、そのときに酸素を発生させます。コーヒーやお茶などの色素沈着が歯の黄ばみや黒ずみの原因ですが、酸素はそれを分解し、無色透明に変化させることが出来ます。 歯の表面のエナメル質は、無数のエナメルの小柱が束になっているのですが、発生した酸素が、エナメル質表層のエナメル小柱に浸透すると、エナメルの表面で光が乱反射します。マスキング効果により、曇りガラスのようになるため、歯が白く見えるようになります。

薬剤の安全性は保証されています

ホワイトニング治療を行うと、過酸化水素や過酸化尿素の酸化作用を利用し、分解された酸素をエナメル質に浸透させ、歯の色素沈着部分だけを分解して、無色にすることが出来ます。象牙質の構造自体は変えずに、色調だけを明るくできるのが特徴です。 ホワイトニングに用いられる薬剤は、アメリカをはじめ、日本でもオキシドールに配合されているものなので、健康には何の影響もありません。消毒や殺菌のために、長年使用されてきた薬剤で、学会でも安全性は保証されているものなので、安心して治療を始めるようにしてください。

過酸化水素という薬剤の酸化作用を利用し、歯の色素沈着部分だけに影響を与えて、歯の色を白くするのが、ホワイトニング治療の仕組みです。この薬剤に光をあてると、スピーディーに効果があらわれるので、即効で白くしたい方にはオフィスホワイトニング、じっくり白くしたい方にはホームホワイトニングが向いています。薬剤の安全性には何の問題もないので、安心して治療を始めるようにしましょう。

-歯磨き, 美容
-, , , , , , , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.