中古買取 クルマ買取

自動車の買取ならコレ!一括査定やその他の売却方法を比較してみた

[方法1]友人に売る

一番気軽にできてしまうと思われる友人に売るという売却方法ですが、少し手続きが必要となります。
買取や下取りだと業者やディーラーといった専門家が手続きをしてくれますが、友人に売却する時は、どのような手続きをしたらいいでしょうか。
手続きとしては、車の保有者を自分から友人にする名義変更が必要となります。
実際に手続きをするのは専門家に依頼する必要はなく、個人で手続きを行えます。
手間はかかりますが、手数料を支払う必要がないので、名義変更を行える人は自分でやりましょう。
手続きのやり方ですが、まず陸運局に行き手続きを行います。
持って行くものは自分車検証と売る友人と自分の印鑑・印鑑証明を用意します。
車検の有効期限も確認して、有効期限が残っているものを用意してください。
基本的には社内に保管してあるとは思いますが、自宅で保管している人は忘れないように持って行きましょう。
友人にはこの時までに自動車保管場所証明書という車庫証明書を用意してもらいます。発行から1か月以内でないといけないので期間に気を付けてください。
自分で用意するものは、車を自分から友人に譲渡する証明書を国土交通省のホームページからダウンロードして用意しておいてください。
陸運局では担当の人がいるので、その人に車の名義変更をしに来た旨を伝えれば、手続きを案内してくれるはずです
基本的に譲渡する人と譲渡される人が両方で行ければいいのですが、譲渡される人がいけない場合は委任状が必要となりますので、そちらの用意も忘れないようにしてください。
このほかに、手数料納付書を提出するのですが、用紙も自動車検査証登録印紙も陸運局で購入できるので、そちらを窓口に提出すれば手続きは完了となります。
最後に車の売却価格の決定となるのですが、この時の注意点は安すぎても高すぎてもトラブルの原因となりますので、お互いに納得のいく価格にするのに人間関係を壊してしまわないように注意して下さい。
友達だからと値段を下げて販売するのもいいですし、いらないからとタダ同然で譲渡するのもかまいませんが、必要なのはお互いの納得です。
このような手続きや価格の決定に不安があるようなら、おとなしく買い取り業者に買い取ってもらった方が得策だと思います。
少なくとも、相手は買い取りのプロですから納得できる価格まで上げてくれる可能性があります

[方法2]オークションで売る

オークションは売り手と買い手が直接取引するので高く売れるメリットがあります。
オークションサイトで有名なところがヤフオクですので、こちらを例に挙げて考えてみたいと思います。
最初に値段設定をして、即決価格を設定していたらそれよりも安く売る必要もないので有効なのではないかと思います。
しかし、ヤフオクに出品するためには、自分で準備しないといけない費用があります。
ヤフオクで考えると、会員費が月額462円、出品システム利用料3024円、落札システム利用料3024円、の合計6510円の費用となります。
ヤフーのシステムを利用しているので仕方ないですが、それでも売れなかった場合、手数料だけ取られてしまうという結果になってしまうのです。
人気の高い車種ならすぐ落札されると思いますが、不人気車種ならいつまでも入札がないなんてことにもなりかねません。
そうならないように、まず落札価格を決めるために相場のチェックをします。

車は買った瞬間に価値が下がります。市場に多く出回っている車ほどその傾向は顕著です。
ネットでも市販の雑誌でも大体の相場はわかるので、その価格を参考にしてください。

その次に、写真や車の説明文を考えなくてはいけません。
全体写真や前後の写真、社内の写真や傷などがあればその写真も載せなければいけません。
もし、写真写りが悪いと売れない可能性が高いので、そこには力を入れてください。
逆に写真写りが良すぎてクレームに繋がることも多いので、匙加減が重要です。
説明文も正直に書くことが求められます。
走行距離はどのくらいか、喫煙していたのか、ペットが乗ったのか、メンテナンス履歴も記載が必要です。
自分が中古車を買うとしたらどういうことが気になるかを想像しながら書くといいと思います。
そして、オークションの一番の難点は、クレームがあるということです。
ほんの少しの言葉の違いからの説明が違うとか、新しい傷が見つかったとか、故障が多いなど多くのトラブルがあなたを襲います。
そう、そういうトラブル処理はすべて自分自身でやらないといけないのです。
高く売れるという長所だけに目がくらみ、この欠点に気づかない人が意外に多いです。
いくら高く売れても、こんなクレーム処理ばかりしていたのでは精神的に参ってしまいます。
しかも、個人売買する場合は契約書を用意する必要もあります
もちろん法的に拘束力のある契約書を行政書士にお願いする場合はお金がかかってきます。
オークションはすぐに落札される可能性は低いうえに、手数料もかかり、トラブルが起きる可能性もあるのです。
すぐにお金にしたい人にはオークションは最も不向きです。

[方法3]下取りに出す

新車を購入するディーラーで下取りしてもらうのが手間がかからずに、とても楽です。
しかし、ディーラーは車を売るプロであって買い取るプロではないので、正直下取り価格の何倍もの金額で買い取れることもあります
それは楽と引き換えにとても損をしていることにもなります。
販売店にはもちろん査定士というものは存在しません。なぜなら買取に前向きではないから。
同じディーラーの車ならもしかしたら高くなることもありますが、大体安く引き渡すことになります。
下取りはあくまで次の車を買ってもらうためのセールス材料なのですから、それも当然なのです。
しかし、多くの人が車を売ることより新しい車を買いたいという願望が強いために、下取り価格にはあまり頓着しないのです。
その上、販売店の営業マンはいくらお客さんの車を多く下取りしていたとしても、自分の実績にはならないのであまり前向きに考えてはいません。
下取りに労力や場所を割くくらいなら、少しでも多くの新車や中古車を売った方が売り上げ成績が延びるからです。
下取りは購入の口実でしかないので、頑張って下取りはしないということは覚えておいた方がいいと思います。
最近では、営業マンの方から買取店をお勧めすることがあるそうです。
しかし、車を乗り換える人の8割が下取りを利用しているという実情があります。
なぜなら、下取りは買うお店と売るお店が一緒なので、手続きも楽でお得に車が買えたように感じるせいでしょう。
20年以上乗っている車や15万キロ以上走っている車、大きな修復をした車などは下取りの方が高く買い取ってもらえることがあるのでそこは見極めてください。

[方法4]買取店で売る

大々的にCMなどでもやっている通り、いろんな会社が中古車買い取りをしています。
『高価買取』『どこよりも高く』そういうキャッチフレーズで広告をしているところもあると思います。
しかし、商売としてやっている以上、高く買いたい買取店なんて在り得ません。そんなお店はすぐに潰れます。
お客さんが安く売ってしまうような仕掛けを張り巡らせているのが買取店です。
出張見積もり無料という言葉で客を引き寄せる買取店は、売らせにきますので気持ちを引き締めてください。
日々買取をされた車はその日か近日中に海外に売られることがほとんどです。
日本ではポンコツと言われて安値で買取されて、海外でその何十倍で売れることがほとんどです。
海外と日本では車に対する価値観が違うので、それも当たり前なのです。
十年でポンコツと言われるのは日本だけのようです。

世界中で車を作れる国はとても少ないので、世界一品質の良い中古車が集まる日本に外国人のバイヤーが集まるといいます。
海外には新車を輸入できない国もあるので、中古車の方が新車よりも高い値段がつくこともあるといいます。
大手買取店と言われるところは、多かれ少なかれ安く買って高く売ることで利益を出しています。商売なのでそれは当たり前です。
買取店の営業さんの成績はどれだけ利益を出したかで決まるそうです。
つまり、どれだけお客さんからぼったくったか、安く買い叩いたかで決まるのです。
買取店は可能な限り安く仕入れるということが仕事だということを覚えておいてください。
お客さんが無知だとわかると、10年乗った車でたくさん走っているからと言いながら、平気で100万で売れる車も1万2万で買います。
その後、買取成約した次の日にはすぐに、世界中のバイヤーが首を長くして待っている業者用のオークションに出品するのです。
今はネットで入札できるので、出品後30秒もしたら100万で落札されるという世界なのです。
それを肝に銘じて買取店で見積もりをしないといけません。
他の業者にとられないように、どの業者も即決を迫ってくるでしょう。
安く買えそうなお客さんがいたらそういう営業トークをして、少しでも高くしているように見せかけているのです。
それが買取店の仕事なのです。

[方法5]一括査定して売る

買取店が安く買って高く売っているという話をしましたが、そんな百戦錬磨の営業さんでも、安く買えないお客さんがいるというのはご存知でしょうか?
そのお客さんは、限界金額を最初から提示しないと買取成約ができないお客さんだそうです。
いわゆる、いろいろと比べるお客さんです。それは大きい道路によくある買取店を一軒ずつ訪ねているお客さんではないんです。
一軒ずつ訪ねているお客さんは高く売ることができず、とても危険な売り方なので気を付けた方がいいです。
とあるお店同士が裏で連絡を取り合っているなんてことがよくある業界で、親会社が一緒だとグルになって安く買い叩いてきます。
そんな罠にハマらないように、相場を知りなるべく高値を付けてもらえる方法を紹介します。
それはいわゆるネットの一括査定を利用して売却することです。
ネットの一括査定サイトの場合、同時に査定依頼されるので、買取店同士安い金額を言ってしまうとすぐに他社に持って行かれてしまうので、高い金額を提示するほかありません
依頼する側ができる少しでも高い金額を付けてもらえる方法は、複数の買取店に見積もりを貰うことなのです。
車の見積もりには、同じ車であっても買い取り業者の数だけ違いが出ます。
それは、共通した査定基準の他に、買取業者の中での企業の基準があるためです。
それによって数十万の違いが出てきてしまうのが日常茶飯事です。
一括査定すると勝手に業者同士が競合してくれるので、見積もりが出た中で一番高いところに決めればいいという楽ができます。
しかし、ネットだけでは正確な査定ができないというのも事実です。
出張査定をしてもらったからといって必ずしもそこで買い取ってもらわないといけないというわけではないので、
一括査定をうまく使って、少しでも高く買い取ってもらいましょう。

-中古買取, クルマ買取
-, , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.