法律事務所 債務整理

個人間の借金でも債務整理できる?

どうしても借金が支払えなくなってしまった場合の対処法として債務整理があります。債務整理の方法には、主に任意整理、個人再生、自己破産、特定調停があり、借入残高や自己の収入などによって決まりますが、任意整理は裁判所に申請しない方法ですので、手続きが簡単です。

任意整理の具体的な内容と手続き方法

任意整理とは、借金の総額を洗い出した上で、毎月の支払可能額を算出します。そこで、毎月の支払額が、支払可能額の範囲内になるよう、個々の債権者に対して、借金の減額や金利の引き直しなどを交渉する方法です。 基本的には、利息は別として借入額が減額となるものではなく、債権者との交渉で決まるものですから、裁判所に申請等を行う必要がありませんので、個人再生や自己破産と比較すると手続きが簡単ですし、官報に掲載されることも、会社などに知られることもありません。したがって、債務整理を検討する際には、まずはこの方法で対応可能か否かを見極めます

個人間の借金でも債務整理の対象となるのか

債務整理の対象となる借金は、その公平性を維持するため、個人間の貸借を含め全てになります。ただし、個人再生においては、特例措置として住宅ローンは除きます。 任意整理については個々の債権者と利息や支払期間などを交渉していきますから、当然、個人間の貸借についても交渉することとなります。個人間の貸借であれば、交渉などしなくても良いのではないか、と考える人もいますが、個人間の貸借ほど、その後の人間関係を考えれば、きちんと交渉して整理する必要があります。 なお、弁護士事務所などに依頼した場合には、交渉は弁護士が行うことになります。

任意整理にかかる費用の相場について

債務整理にかかる費用は、その種類や借入がいくら残っているのかによって異なります。特に相手が闇金の場合は、交渉が難航することが予想されますので、費用は大きくなります。因みに、一般的な任意整理であれば20万円から30万円が相場となり、この金額に交通費や実費が追加となるのが一般的です。 具体的に費用がいくらかかるのかは、弁護士事務所や司法書士事務所が行っている無料相談において質問すると、概算額は教えてくれますので、どういった手続きが最適なのかも含めて、事前に聞いておくと安心です。

個人再生は、裁判所を通さない債務整理の方法ですから、比較的、手続きは簡単であり、費用も他の方法と比較すれば安価ですが、この方法を適用できるか否かは借入残高や自己の収入によって判断されます。また、この場合、個人間の貸借も対象となりますので、今後の人間関係を考えれば、正式に手続きを行っておくことが重要です。

-法律事務所, 債務整理
-, , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.