終活準備 冠婚葬祭

遺産相続の流れと注意すべきこと

遺産相続の流れと注意すべきこと

遺産相続をするときには、亡くなった人の遺産の状況を調べて、誰が相続権者なのかをまず確認しなくてはいけません。これは葬儀をした後に話し合えば良いことなので、流れとしては慌てるようなものではゆっくりと手続きをすることが大切です。

 

 

まずは亡くなった人の遺産を調べる

遺産相続の手続きの流れとしては、まず亡くなった人の遺産の状況を調べなくてはいけません。遺産相続の対象となる遺産は、単純な現金のみに限定されているわけではなく、資産的な価値が存在するものも含まれます。例えば、不動産をやっている人であればそれも資産に入りますし、株取引をやって株式を有している場合には、それも資産に入ります。遺産は、全ての遺産を把握できた段階で行うことが重要になります。ただし、それ以前に遺言書が存在する場合には、まず遺言書の状況を確認しなくてはならないことに注意が必要です。

相続権者が誰なのかを調べること

遺産相続は、誰であっても権利を有しているわけではありません。亡くなった人の親族に限定されます。仮に、遺言書が存在しない場合には法定相続という形で手続きを進めなくてはならないので、配偶者に半分の遺産を、残りの半分を子供たちで分けるという流れになります。遺言書が存在して、それが確実に亡くなった人が書いたものであると照明されたときにはそれが優先されますのでこの点は注意が必要です。原則は法定相続の流れで手続きを考えておいて、遺言書がある場合には例外的に手続きを考えておけばよいでしょう。

遺産を相続するか放棄するかを考える

遺産相続の手続きでは、遺産をそのまま相続するか、それとも権利を放棄して遺産に関連するあらゆる責任から解放されるかの二つを選択することが可能です。遺産相続をそのまま行う場合には、法定相続人と協議を行い、その分割分で納得をしたことを合意する必要があります。一方で、継承できる遺産がほとんどなく、むしろ負の遺産しか存在しない場合には遺産を放棄することもできます。遺産を放棄した場合には、財産的な価値のあるものを継承できない代わりに、こうした負の遺産に関しても一切の責任を排除することができるので、どちらかを選択することです。

遺産相続の手続きは、葬儀の後で行うことが一般的です。相続の権利は消滅するまである程度の時間がありますので、その間に話し合いをして本当にその割合で良いのかを決断することになります。協議が決まった後は、そのままその協議書をしかるべきところに提出すれば、それが法的な証拠として確認されることになるのでそのまま遺産を相続できます。

-終活準備, 冠婚葬祭

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.