保険 結婚生活

民間の保険の分類について

民間の保険の分類について

民間保険は生命保険と損害保険に分類可能

 

生命保険とは

いろいろな保険会社から様々な保険が販売されています。その中でも大きく生命保険と損害保険に分類されます。まず生命保険とは、被保険者が亡くなったり、病気やけがをしてしまったりして入院・手術などの治療が必要になった時の保障をする商品を指します。原則として死亡や病気・けがの原因は問わずに、契約で決められた条件を満たせば保険金の支払われるシステムになっています。生命保険の場合、該当する事象を満たした場合に、最初の契約の取り決めで決められた分の額が実際にかかった費用に関係なく支払われます。

 

医療保険と傷害保険

病気やけがなどで入院・手術をした場合に給付の受けられる保険に、医療保険があります。病気やけがは誰にでも多少のリスクはあります。ですから年齢関係なく、医療保険には加入しておいた方が安心です。医療保険に似たような商品として、傷害保険があります。医療保険の場合、病気やけがすべてカバーしています。しかし傷害保険の場合、交通事故や災害に遭遇して怪我した場合に有効になります。このように医療保険と傷害保険の保障の適用される前提条件が違ってきますから、注意しないといけません。

 

損害保険とは

一方損害保険とは、ものに対してかける保険だと思ってください。自分の財産が何らかの形で損壊してしまった、損傷を受けたときに保険金が下ります。損害保険の中でも代表的なものとして、自動車やそれに付帯する事故や損害に関しての保障のできる自動車保険や自宅などが火事によって建物・持ち物が損害を受けた場合の火災保険などがあります。火災保険といわれると、火事に特化した保障と思われがちですが、実際には風水害や飛来物、自然災害などに対する保障も含まれていて、住まいの総合保険といった趣があります。住宅を購入する際にはもしもの場合を想定して、火災保険には加入すべきです。損害保険の場合、生命保険とは違って、実際に発生した損害額分の補償の行われるのが一般的です。

-保険, 結婚生活

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.