AGA治療 婚活準備

カツラから育毛に変えてみる


カツラをしている人の印象

カツラをしている人といって思い出される人物は人それぞれだと思います。
しかし、その印象は?と尋ねたら、なんと答えが返ってくると思いますか?
私の場合、その印象は『不自然』でした。
最近では女性の間でも、ウィッグという名前でカツラが流行っていますね。
実をいうと、私も一時期カツラを被っていました。

何故かというと、地毛を赤く染めたくなってしまい衝動的に染めてしまったためでした。
おしゃれで赤く髪の毛を染めたのはいいものの、飲食店では不向きの為にカツラを被って接客していた。
しかし、お客さんにはすぐにばれていたらしく、同僚が他のお店で偶然近くに座ってしまい、
その時にうちの店のカツラを被っている店員がいるという話をしていたらしいと後日聞いて驚きました。
つまり、どんなにうまく隠そうとしても、見ている人にはバレてしまうのです
それだけカツラをつけている印象は不自然なのだと思います。
もちろん、バレないようにうまく被せてくれるのはプロの仕事です。
実際、美容師の友達はうまく被っていたのですが、髪の毛の質が不自然だからバレていました。

どのような理由でカツラを被るかは人それぞれの事情があるのだと思います。
その数多の理由の中で、最もやるせない理由が一つあります。
それは、『病気』のためのカツラ着用。
がんや無毛症の患者さん、特に子供はやるせない気持ちになってしまうのはなぜでしょう。
しかも医療用のカツラは40~50万円するそうで、子供ながらに親に申し訳ない気持ちになったと
小児用医療カツラの経験者のとあるタレントさんが言っていました。
人毛カツラを作るために、髪の毛を提供するボランティアを『ヘアドネーション』と呼ぶそうです。
なるべく安価で高品質のカツラを子供たちに提供するためにこうしたボランティアに参加するのもいいかもしれません。
カツラとウィッグの呼び方の違いについて言語的には違いはないのですが、
通説的にはファッション性があるものはウィッグ、実用的なものをカツラと呼ぶ他、
女性が使うものをウィッグ、男性が使うものをカツラと呼ぶこともあるそうです。
ハゲのおじさんが被るだけの印象が強かったカツラは、意外とおじさん以外の人も被っていたということが分かりました。
カツラであることを隠さずに、ウィッグを被っているんだと言えばなんだかおしゃれに聞こえますね。
髪を剃ってしまって、毎日いろいろなタイプのウィッグで楽しむのも案外いいアイデアかもしれません。
本当に薄毛に悩む人は、育毛剤の使用や医師に相談するなどの方法で悩みを解決してください

カツラの人には効果のある育毛剤がおすすめ

育毛方法として育毛剤は効果的ですが、育毛剤の効果というのは色々あります。育毛剤に使用されている成分は種類によってちがうので、成分によっても効果は違っています。例えば血行促進を目的としている育毛剤、ミノキシジルと言えば聞いたことがある人も多のではないでしょうか。このミノキシジルは、毛細血管を広げることにより、血圧を下げるための効果があるといわれています。

これを育毛剤に配合させ、毛髪の知覚にある血管なども拡張されて地肌や頭皮の血行を促進させる働きがあるといわれています。

市販されている育毛剤で、リアップと呼ばれる製品がありますが、リアップの主成分にもなっているのです。

他にも育毛剤の効果として毛母細胞を活性化させる効果もあります。これはどんなものというと、育毛剤の中に含まれている、チクセルニンジンや、ビチオン、ペンタデカン酸グリセリドなどが入っていることにより、活性化させる効果が現れます。頭皮を清潔にすることも、育毛には大切です。ですが、頭皮殺菌効果も育毛剤には配合されており、ヒノキチオールや、イソプロピルフェノールなどが入っている育毛剤には、頭皮殺菌作用もあるといわれています。頭皮に脂質がある場合、脂質を取り除くことも出来るのです。育毛剤の効果として脂質除去が出来るのは、カシュウ、イオウ、ビタミンB6などが入っている育毛剤です。育毛剤の種類のなかには、頭皮に炎症がある場合に炎症を抑える効果があるものもあります。グリチルリチン酸ジカリウムや、βーグリチルレチン酸などが配合されている場合には、育毛剤の効果として、頭皮の炎症を抑えることも可能です。それだけでなく他にも栄養補給が出来る効果もあります。

育毛とマッサージについて

育毛のために良いとされている育毛方法の1つにマッサージがあります。育毛のためのマッサージといっても、ただがむしゃらに自分でやればいいという問題ではありません。正しい方法で行わなければ、育毛のためのマッサージも育毛が正しく行われません。育毛のためにマッサージをしたいと思っている人はまず、頭皮の状態を見て、どんな頭皮状態になっているのか確認した上でマッサージ方法を考えることが大切です。例えば、頭皮に炎症が起きていた場合、炎症が原因でうす毛になっているのにも関わらず頭皮マッサージを行ってしまうと、頭皮の炎症をさらに悪化させることにつながります。

そのため、頭皮の様態をまずはよく確認した上でマッサージ方法を選ぶようにした方が良いでしょう。頭皮のマッサージをする場合、爪を立てずに行いましょう。爪を立てて行うと頭皮を傷つけたり傷めたりする可能性が高いので、頭皮を傷つけないようにしながらマッサージを行うことが大切です。マッサージをする目的としては血液の流れを良くして育毛につなげることが目的とされています。力いっぱいマッサージをしなくても、血行促進につながります。マッサージをする際は頭皮を傷めない程度に行いましょう。育毛剤を使いながらマッサージを並行して行ってもいいでしょう。ローラーやブラシなどの育毛グッズを使用することも効果があるでしょう。その際も、血液の流れを目的として、爽快感などを求めるがために力を入れすぎてはいけません。マッサージを行う際は注意して行いましょう。

育毛と医療機関を利用した治療

育毛のための治療方法を調べてみると、色々な方法が出てきますよね。育毛のための治療を受ける場合は専門の機関で受ける方が良いでしょう。育毛ためには育毛専門外来などがあるため、そういった機関を利用して治療を受けることがお勧めです。育毛の悩みというのはなかなか人には相談出来ないですよね。相談することをためらって、時間だけが過ぎていくというケースも多いようですが、育毛は早めに治療を進めることがとても大切です。少しでも早めに治療を行いましょう。実際に治療を受ける場合はまずカウンセリングから始まります。

カウンセリングを受ける際に、その時の医師の雰囲気やアドバイス、スタッフの対応などを見て、育毛の治療をどこで受けるか考えてみてもいいかもしれません。育毛の治療を行う際の医療機関選びはとても大切になります。医療機関によって育毛治療が進むかどうか違ってきます。

そのため、口コミなどを参考にして医療機関を選ぶという方法も一つの方法ですし、実際に育毛に関する悩みにカウンセリングを自分で受けてみて、育毛の治療をどこで受けるのか、医療機関を比較して決めてみてもいいでしょう。

育毛のための治療を行っている医療機関や専門の機関は今増えつつありますし、女性と男性の治療方法をしっかりと分けているところもあります。最近多くなっている女性の育毛の悩みに関しても、しっかりと対応してくれる医療機関を見つけることも重要です。育毛の治療を受ける場所をしっかりと怠らずに選ぶことが、今後の治療にとってとても大切なことになります。

-AGA治療, 婚活準備

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.