AGA治療 婚活準備

キノリンイエローとは?

キノリンイエローとは、主に食品や医療品の着色に使われる添加物です。その名の通り黄色をしており、タール色素の一種に分類されます。日本では食品への添加は認められておらず、化粧品や医療品のみの許可となっています。

 

 

AGA治療とキノリンイエロー騒動

このキノリンイエロー、一時期ネット上である噂が流れて騒動となる原因になったことがあります。「AGAの治療薬を飲んでいるとガンになる」という噂で、これは結論から言うと根も葉もない話です。しかしこの噂が立ったことにはキノリンイエローが深く関わってきているため、今もこの着色料は日本であまり良い印象を持たれてはいません。AGA治療で発がんするというのは荒唐無稽な話ではあるのですが、いくつかの噂や偏見がごちゃまぜになった結果の風評であるため、それらを一つずつ見ていきましょう。

AGA治療薬プロペシアとがんの噂

AGA治療がまだあまりその詳細を知られず、世間に根付いていないころは発毛治療=「怪しげなもの」という先入観で見られることが多く、またこれに加えてAGA治療薬のプロペシアには「胃がんや前立腺がんを発症する恐れがある」という噂がありました。厳密な立証はまだであるものの、今ではこれらは単なる風評に過ぎないことがわかっています。しかしながらまずここで漠然と「AGA治療=がんになる」というイメージがついてしまったことと、キノリンイエローの名前が結びついたことが騒動の原因でしょう。

フィンペシアに含まれていた着色料

プロペシアのジェネリック薬品がフィンペシアで、このフィンペシアのコーティング剤に使われていたのがキノリンイエローです。食品としての添加物の認可は受けていないことと、タール色素であることから「発がん性がある」という噂が立ち、「先述のAGA治療でガンに」ということと結びついてしまい大きなイメージとなってしまったようです。結局は無害であることが知られてこの風評も収まりましたが、製造元はイメージの悪化を嫌い、現行のフィンペシアにはこの着色料を使わなくなっていますので、気にする方も安心して使用することが出来ます。

 

発がん性はないものの、キノリンイエローは食品として口に入れることを日本では認められていません。そのため、個人輸入でフィンペシアの旧タイプを購入して摂取し、問題が起こったとしても自己責任での対処となります。費用を抑えるメリットもありますが、薬品の個人輸入はそのリスクをしっかりと把握して行うようにしましょう。

-AGA治療, 婚活準備
-,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.