探偵事務所 浮気調査

浮気調査は弁護士には限界がある

浮気による慰謝料の請求や離婚の問題は、とても重要なことです。

どのようにして相談をして、どのように浮気を立証するかと言うことがポイントになってきますが、重要なことは弁護士は浮気に関する調査はできないと言うことです。

浮気を立証させることがまずは重要

浮気の実態を認めてもらい、さらにその浮気が原因として離婚や慰謝料の請求を行う場合は、まずは浮気調査などにより浮気を立証させる必要があります。

つまり、決定的な証拠が必要になってくると言うことですが、重要ポイントはそうした立証は、自分自身で行動を起こす必要があると言うことです。

弁護士に相談をすれば、調査まで!行ってくれると勘違いしている人も多くいますが、アドバイスは行ってくれても行動自体は自分で行う必要があります。

また、探偵を雇うと言う方法もありますが、あくまでも客観的な立証材料を入手する必要があることを知っておきましょう。

弁護士が実際にできることについて

弁護士が浮気などについてできることは、浮気による慰謝料の請求方法や、もっと多く慰謝料をもらうにはどうすれば良いのか、また今後離婚を行うのが正しいのかと言うアドバイスや、子供の親権などです。

また、浮気の実態について立証するにはどのような資料を集めておくべきかと言うこともアドバイスをもらうことができます。できるだけ弁護士に相談をするときには多くの証拠が必要になります。

多くの証拠がなければ裁判で勝てると言う可能性は極端に少なくなるでしょう。時間がかかるかも知れませんが、少しずつゆっくりと進めていく必要があります。

決定的な証拠があればあるほど有利

当然、裁判を行う前には決定的な証拠がたくさんあればあるほど有利です。反対に決定的な証拠がなければ浮気を数年前から分かっていたにも関わらず、浮気に対する慰謝料は全く取れなかったと言うこともあります。

一番良いのは、メールだけの証拠ではなく、完全に不貞行為であると確信できる内容となります。探偵などを雇うことで、こうした問題は解決しやすくはなりますが、とても多くの費用が発生することも理解しておきましょう。

さらにその調査の内容を弁護士に確認してもらい初めて裁判をしっかり行うことができると言う流れになります。

まとめ

弁護士は浮気調査までは行ってくれません。どのような物が資料として有効なのかのアドバイスは行ってくれます。重要なことは弁護士に全てを依頼するのではなく、できる限り自分でも動けるように予備知識をしっかり習得しておくことです。

-探偵事務所, 浮気調査
-, , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.