保険 結婚生活

生命保険について

生命保険について

生命保険とはどのようなものか

 

生命保険の必要性

日常生活では、いつ病気やけがなどのトラブルに見舞われるかわかりません。突然訪れる不測の事態に、入院や手術などにかかる費用を捻出しようとしても難しいこともあるでしょう。また、万が一死亡してしまったとき、残された遺族も大きくなります。

 

生命保険は、こういったトラブルに際して、入院や手術などにかかる治療費や、死亡の際に規定の金額を受け取るためのものです。保険金は、その保険のシステムや掛け金によって異なります。保険料とも照らし合わせて自分のライフスタイルに合った商品を選択すれば、万が一にも安心のサービスとなるでしょう。

 

生命保険の仕組みとは

生命保険は、入院保険やがん保険、死亡保険などの種類があります。これらは、契約の内容に従って、トラブルの際にお金を受け取るような仕組みです。それでは、保険会社はどのようにして保険を契約者に支払っているのでしょうか。

 

・加入者が相互に支え合う
生命保険は、毎月保険料を保険会社に支払っています。これは単純な積立とは違い、加入者が支払った保険料をもとに別の加入者の保険金に充てられるという仕組みとなっています。加入者が相互に支え合い、保険のシステムを成立させているのです。

 

・基本の契約と特約
さまざまな形がある生命保険ですが、ほとんどの場合は基本となる主契約があって、さらに特約としてオプションがつける形が一般的です。主契約の例としては、入院などの医療保障、さらに長期化することがおおいがんに対しての保障、また死亡した際の保障などが挙げられ、そこに特約として主契約に関連したもの、または主契約と異なる機能を持つものが付け加えられます。

 

保険選びで見ておくポイント

生命保険は、たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なっています。どれを選ぶのが一番よいか迷ってしまいがちですが、選ぶ際に見ておきたいポイントは、保障内容や契約期間、毎月の保険料に保障される保険金、また解約時の返戻金の有無など。また、契約者が、保険に対してどこに重点を置くかで選ぶ保険も変わってきます。

 

-保険, 結婚生活

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.