中古買取 クルマ買取

軽トラックの平均的な買取価格

軽トラックを利用していると、古くなったり総走行距離が長くなったりして、売却することもあります。しかし、そのとき軽トラックの平均的な買取価格を把握していなければ損をすることもあるので、売る前に調べておきましょう。

年式による買取価格はどうなるのか

軽トラックの年式は、古いものよりも新しいものの方が当然買い取り価格は高くなります。しかし、ここで注意することが、年式が古いからと言って大きな変動があるわけではないことです。モデルチェンジの影響をあまり受けにくいことが影響しています。四年落ちの例では、それほど走っていないもので、査定が高いもので60万近くで安いもので40万ほどのものがあります。平均的な価格にすると50万円近くになるので、多少古くても走行距離によっては高く売ることができます。査定してもらうときは、複数の業者に依頼するようにしましょう。

走行距離が長ければ安くなります

軽トラックは長距離を走ることはそれほどないため、長年乗っていても総走行距離はそれほど伸びません。そのため、買取価格に年式での差が出にくいものになりますが、総走行距離が長くなってしまえばやはり安くなってしまいます。例を挙げると15万キロオーバーのもので、高い場合が18万円で安い場合は3万円ほどの査定が出たりし、平均的には10万円ほど行けばいいところです。走行距離的に18万円は破格の値段でもあるので、どれだけ長い距離を走っていても、必ず複数の業者で査定をしてもらい高いところを選びましょう。

装備によっても値段は違ってきます

軽トラックは作業用の車であるので、あまり装備を付けていないこともありますが、きちんと装備を付けているものは買取り価格も高くなります。移動の際に快適なようにエアコンがついているものやパワステ付き、また免許もAT限定の人も増えているためオートマチック車、そして農道や山間部、冬季の運転に便利なように四輪駆動のものは高値で取引されます。軽トラックを売る際には、このような点も考慮して見積書を見ることも大切になります。また、マニュアル車であっても四輪駆動車は例外的に人気があります

軽トラックを売却する際に気を付ける点が、年式に走行距離、そして装備になります。年式が新しいものほど高くなりますが、すぐに売ることはそれほどありません。それゆえ走行距離と装備が大切になってきます。作業車としてだけつかうのか、日常生活でも利用するのかによって走行距離の装備も違ってくるので、よく考えて利用しましょう。

-中古買取, クルマ買取
-, , , , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.