中古買取 クルマ買取

軽自動車の平均買取価格

軽自動車の平均買取価格は普通乗用車に比べると高額です。年数が経過しても値が落ちず、10年落ちの軽自動車であっても高額買取が可能で、10年落ちの高級乗車とほとんど変わらないような価格で買い取られていくケースも目立ちます。

需要が大きいのが高額買取の理由

なぜ、軽自動車の平均買取価格が高いのでしょうか。その最も大きな理由は中古車の需要が非常に高いからです。中古車は需要が高ければ高いほど、買取価格は高くなっていきます。それは販売価格を高くしても売れるからです。では、なぜ軽自動車の中古車は需要が高いのでしょうか。それは車両価格や維持費が安く、小回りもきいて、一人乗りやセカンドカーに最適であると考える人が多いからです。しかし、実際に中古車を購入する場合は、新車価格と比べてあまりお得感がないのも事実です。ケースによっては新車を購入したほうが良いこともあります

リセールバリューが高いと後からお得に

軽自動車は中古車よりも新車を購入したほうが良い理由は、誰も乗ったことがない新しい車に乗ることができるということはもちろんのことですが、売却するときに高額に売ることができるからです。リセールバリューが高いということは、新車の価格が結果的に安くなることを意味しています。たとえば120万円で購入した軽自動車の新車を5年後に60万円で売却した場合、実質上60万円で5年間乗れたことになります。車は将来買い替えの際に必ず売るときが来ます。そのため軽自動車のようなリセールバリューが高い車を購入すると後から得をするわけです。

人気と重要、希少性が揃っていると

軽自動車と同様に、平均買取価格が高い車として、ミニバンやSUV、ハイブリッドカーやスポーツカーなどがあります。これらの車の特徴は、人気があり、需要が高いということ、またスポーツカーのように希少性が高いということも重要な要素です。軽自動車のスポーツカーなどは、人気の高さ、需要、希少性すべてを兼ね揃えているので、10年以上経過してもプレミア価格がついて、100万円以上の高値で取り引きされていることが多いです。最初は少し高いと思っても、結果的には元を取ることが出来るでしょう。

軽自動車を新車で購入すると、後から売るときに高く売れるので得です。10年経過しても高い価値を維持し続けていることも少なくありません。なぜ高く売れるのかというと、需要があるからです。需要が高い車は高く売ることができるというのが、中古車市場の鉄則です。同様の理由でミニバンやSUV、ハイブリッドカーなども高額買取が可能です。

-中古買取, クルマ買取
-, , , , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.