終活準備 冠婚葬祭

費用の安い葬儀屋の選び方

費用の安い葬儀屋の選び方

大切な人が亡くなった際、葬儀、火葬、納骨等、様々なことを行う必要があります。そしてこれらのことを行う際、多額の費用がかかります。そこで葬儀屋を選ぶ際には、いくつか気をつけるべき点があります。そして安く費用を抑えるためには、葬儀方法を検討し、そのうえで業者を選ぶ必要があります。

 

 

葬儀屋の選び方で気をつけるべきこと

葬儀屋を選ぶ際、最も重要なのはスタッフの質です。どんなに安いところでも、スタッフの質が悪いと満足のいくお別れをすることはできないからです。 具体的にまず大切なのが、きちんとしたサービス・費用の説明がされているかどうかです。説明の際、しっかりと内容が理解できるところを選ぶようにします。また、質問したときに丁寧に答えてくれるかも重要です。 そして相談に乗ってくれ、希望を聞いてくれるかどうかが最も重要です。大切なのは故人・遺族の想いです。その想いにきちんと沿ってくれる業者を選ぶようにしましょう。

安い費用で葬儀・お別れを行うためには

通常、故人とお別れする際には通夜・葬儀・告別式と行った後、火葬して四十九日にお墓に納骨します。しかし多くの人を呼んで一連の流れを行うと多くの費用がかかります。そこで安い費用で葬儀を行うためには、工夫する必要があります。 「家族葬」の場合、参列者がごく限られた人だけになるため、会場が小さく済みます。「一日葬」の場合、通夜を省略するため会場を借りる期間が少なく済みます。「火葬式」の場合、通夜・告別式を省略するため、会場そのものが必要なくなります。ただし、場合によっては香典返しなどで後から費用がかかることもあります

安い費用でできる葬儀屋の選び方とは

安い費用で葬儀を行うことができる業者を選ぶ際、まず重要なのが会場・葬儀の方法が複数あるかどうかです。選択肢が数多くあり、スタッフにも質問しやすいところを選ぶことで、遺族の予算・想いに合わせた葬儀を行うことが可能です。 また、葬儀を行う会場の場所も重要です。会場から火葬場に運ぶ際、特殊車両の料金・参列者の移動手段のための費用も必要となります。そのため、会場から火葬場までのアクセスも確認しておく必要があります。 そして特に仏教で行う場合、お寺に収める額にも注意が必要です。可能なら定額か安価かどうか確認します

現在、故人とお別れをする方法としては、通常の葬儀の他、「家族葬」「一日葬」「火葬式」と様々な形式があります。そして安く済ませるためには、葬儀の形式、会場の場所、お寺に支払う額などを事前に知っておくことが重要です。そして何よりも、丁寧な説明が得られ、遺族の想いに寄り添ってくれるスタッフがいる業者を選ぶことが、安価で満足のいく葬儀を行う上で重要となります。

-終活準備, 冠婚葬祭

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.