結婚コラム

30代になってそろそろ終わりにしたい婚活

二十歳台と三十歳台との違いを受け入れた先

人間は歳歳歳を食ってしまうのですが、この世に生まれ30年くらいも経てきたのですから、一瞬一瞬を台無しにはできないです。十歳代から二十歳代は大変楽しく大人へ変化成長した自分を待ち侘びたと思います。
二十代と三十代の彼氏との関係についての考え方の遷り変りは真剣なパートナーとの付き合いのレベルになると思います。20代では好意をもっているだけで共に過ごすことができたら満足という気持ちから三十才代へと変容するにつれ、結婚も意識して来るのではないでしょうか。愉しいだけの恋路から真面目な恋愛関係への移り変わりです。愉快というだけでは生きていられないというのは少し人間として張り合いのないかもしれないです。けれど、これこそが成熟と言うことなのであり今から難しい選択もする場面があるかもしれないです。 

 

男友だちがいるでしょうか?異性間での友人関係はOK?それともNG?

 

どんな秘密でも腹を割って話せる関係が友達同士ではないでしょうか。仲間関係では異性かどうかの関係ないと思います。共有できる好きなものに関してネタにすることも、今気がかりな事を打ち明けることも、2人が食事に出かけることもあります。けれども、付き合っている関係や夫婦のなかで、パートナーが本命の相手以外の異性と交流することに100%を許容してはくれません。一般社会で同じような状況では異性間で年月、スポットを共にしているわけですから、性別は関係なく良い関係になったりするでしょうし、知り合った交流のことを親友関係であると言うことで、ちっとも違和感はないのです。連絡先を知っている友人が同じ性別に偏っているなのだという場合の方が、どちらかというとしっくりこない感じを持ってしまいます。異性同士の親友関係ができるのかどうか、その案件に対して答えという形を追求するより早く、両想いの人や婚姻関係の人の各人はどんな感情であるのか等を理解してパートナーを想う気持ちを持って、双方友人関係をつくることが大きなことだと考えています。

 

距離のある恋愛の是非を問う!気を付けるべきことは?

 

遠距離恋愛でよくあるケースとして、もうすぐ30代という頃、仕事や恋愛も無問題で、いよいよプロポーズかなと思い始めていたにも関わらず想定外の異動によって離れて暮らすことに。そばにいられなくなってもやっていけると信じようとするけれど、ほんとに無問題かどうか疑っているという気持ちが拭えません。どんなことで不安になるのでしょうか?やはり自分以外に心惹かれる相手ができることこそが一番怖い。彼の環境を知ることができないから育つ不安はストレスとなり不満を爆発させてしまうケースだってあるでしょう。遠距離にいる場合でも愛情が一方通行でなければ、常時近くにいる二人に劣らないくらい強い絆となるケースもあるでしょう。恋人の思いをいかに考えられるか、さらに恋人に唯一無二の存在とされているのかということが長く恋人でいられる秘訣なのです。

 

親友が先にゴールインすると告白されたなら

 

絶対全部が全部順調にいって婚姻するんじゃなくて越えることによって手にした結果と言うことを心に留めておきましょう。仲良しの友達の幸福そうな様子に出会った時、ねたんでしまっていた貴方自身を後悔して省み誠意を込めて祝福できる自らでありましょう。仲良しの女友達は貴方自身よりもちょっと先達てゴールインするわけです。けれど、貴方の考えと一緒に歩んでくれると思います。何があっても顧みないで行かれるのじゃないのですから貴方自身が親友を一番の喜びの顔で、幸せに満ちた新婚生活へ向けてあげましょう。仲良しの友人への祝福する思いを決めたらば仲良しの女友達へ喜ぶだろう催し物をプランしてみてみませんか。どうプランしたら仲良しの女友達が嬉しくなるのかわかってる友人は自身です。あなた自身もお式を賑やかにする役割の一員なのです。だから一般の列席者で終わってしまわないよう忘れないようにしましょう。

-結婚コラム

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.