探偵事務所 浮気調査

結婚前の調査をすることのメリットと費用相場

メリット1:相手の属性を明らかにできる

結婚前調査では、相手に借金があるのか、浮気はしているのか、隠し子がいるか、などといった本人が隠しておきたいことがたくさんわかります。卒業した大学を偽っていたり、働いている会社を偽っていたりは結婚後の生活においても影響が出てしまうかもしれません。年齢を詐称している女性も、結婚前調査をされると困ってしまうかもしれませんが、20代だと言っていたのに実は30代だったということが起きてしまうと、結婚した後の出産のリスクにも繋がってしまうかもしれません。

経歴や年齢詐称はいずれ必ずばれてしまうものですので、その時になってショックを受けて離婚になってしまったりしないように結婚前から調べて安心することも、結婚生活を円滑に進めていくためには必要なことだと思います。結婚相手に借金や隠し子がいた場合、結婚生活をしていく上で経済的な負担がかかる可能性か大いにあります。

養育費や、返済金、もしかしたら自分のお金を頼って結婚しようと言っているのかもしれません。そんな時に結婚前調査をすることで、周りからの評判や勤務している会社の事、家族構成や資産の保有状況、精神面を把握することが可能です。家族構成や精神面も、意外に離婚原因となっていて、親族とうまくいっていなかったりすると、自分も一緒に針の筵に座ることになりかねませんし、精神面に不安がある人と結婚してしまったら、DV被害が起こったり、逆にすべてを丸投げされた挙句に問題が起きたら全部自分のせいにされることも考えられます。

同棲や、長期旅行などをしていなかったりすると、長い時間一緒にいると起こる居心地の悪さが分からないまま結婚することにもなりかねません。結婚してみてなんか違った…や、結婚してから私が変えてみせる!といった希望的観測は大体敗れるので、そういう人とは結婚しない方が幸せです。カッとしやすい性格も普段は隠している可能性がありますので、結婚前調査で明らかにすることが平和な結婚生活の第一歩です。

メリット2:気持ちがすっきりする

結婚前に相手の身元を調査すると、なんだか申し訳ないことをしている気分になる人もいるかと思います。しかし、小さいモヤモヤを残したまま結婚するよりも、不安なことをクリアにしてから結婚した方が長続きするでしょう。勘違いしがちなのは、結婚前調査は相手の粗探しをするためのものではなく、相手のバックグラウンドを知ることで結婚後も安心して寄り添えるようにリスク回避のためのものです。

本人はもとより、親族に反社会組織の人がいたら、安心して家族になることは難しいでしょうから、少なくても今生きている親族は真っ当でいて欲しいものです。犯罪や経済状況だけでなく、健康状態も大きなチェックポイントになります。実は大病を患っていて、隠して結婚しようとしていたということが起きないように健康状態も知っておく必要があります。それができるのが、プロによる結婚前調査です。

自分ですることもできるのですが、結婚前調査は聞き込みが中心であり、いわば相手の事を嗅ぎまわる状態です。さらに、相手の身近な人に聞いていく作業なので、相手にばれてしまったら相手もいい気持ちはしないと思います。それに素人が調べようとすると、無駄なことに時間を割いてしまったり、労力も掛かってしまいます。何が有用な情報かもわからず、調べる前よりもストレスが溜まってしまうケースもよくあります。

プロに頼んだ場合、どんな情報が必要なのか客観的に且つ冷静に判断して行動できるので、調査後は有用な情報のみ知ることができるのでストレスフリーです。時間と労力の無駄を省き、相手にばれづらく効率の良い調査を可能にするのがプロに頼むメリットでもあります。

メリット3:プロに相談できる

身辺調査と違い、結婚前調査は尾行や張り込みなどをしないで、データ調査や聞き込み調査が中心となります。ですので、聞き込みが得意な探偵や興信所を選ぶ必要があるのですが、これは経験値がものをいう仕事です。たくさんの経験を積んでいるからこそ聞きたいことを聞き出せるのだと思います。探偵による調査は、親族のつながりも5代ほど遡り、広い範囲まで及びます。そして家庭環境、生計状態、所有資産や過去の経歴まで調べられるのです。

そのため、結婚前調査を得意としている探偵や興信所は、これまでに数多くの調査を手掛けています。それだけ多数の依頼者の案件を扱い、問題に対しての知識が豊富にありますので、単に調査をして結果を報告するだけでなく、個別の案件に関する相談もできてしまうのが専門家に依頼するメリットといえます。そんな経験豊富なプロの目から見ても何もなかったということは大きな安全材料になります。

調査会社の中には、専門のカウンセラーが在籍しているところもあり、悩みに関するアドバイスを受けることも可能です。一人で悩むよりも、豊富な知識を持っていて、経験値の高いプロに相談できるというのは大きなメリットではないでしょうか。

メリット4:マネジメントしてくれる

親ではなく、自分自身で相手の結婚前調査をしてしまった場合、万が一相手に関しての何らかの問題が発覚した時に対処法に悩むことが考えられます。せっかく調査をしたのに、どのように問題に対応していいのかわからなくなっては意味がありません。こんなことなら知らない方が良かったと思ってしまう真実が明るみに出てしまうかもしれません。結婚前調査で手に入れた材料をどのように活用すればいいか、平和な結婚生活のために何をしたらいいのか、問題解決までマネジメントしてもらえるのも、結婚前調査をプロに依頼するメリットとなり得ます。数多くの依頼者といろんな解決策を思案してきたであろうプロと一緒にこの先どうするべきかを考えてもいいのではないでしょうか。

浮気調査・結婚調査の費用、相場

興信所や探偵事務所によってその費用は違います。結婚前調査は浮気などの行動調査と比べて一日当たりいくらという料金設定ではなく、調査全体でいくらという形式が多いです。それは、調査方法が浮気や素行調査と違い、張り込みや尾行中心の調査方法でなく、データ調査や聞き込みの調査が中心となってくるため、日数計算がしにくいということが挙げられます。

調査で動いた日数に比例して情報が得られるわけではないため、あくまで収集したい情報が得られるまで実施することになり、日数での契約はできないのです。そのため、結婚前調査で一日当たりの金額で表示されているところは、尾行や張り込みで調査を実施するところと考えていいため、必要な情報が得られない可能性が高いので注意して下さい。一般的な相場としては、相手の評判のみで15万円~30万円、評判に家族構成と親族の評判も加えると30万円~50万円、本人と親族の評判に相手の将来性と健康面を加えると50万円~80万円、本人と親族の評判と将来性に結婚相手としての適性を加えると100万円以上になります。

事前情報が多ければ多いほど費用は下がってきますので、自分が知ってることは教えることが重要です。適正チェックとは、聞き込みを中心にした尾行や張り込みなどによる行動調査も含めた徹底した調査により、金銭面・健康面・異性関係・素行面・将来性などの確認をして、結婚相手として大丈夫かのチェックをすることを言います。高額な会社だと、150万円から200万円が定価となっている場合が多いのですが、大手探偵社や興信所なので高額な広告宣伝費も乗っかっているので、調査内容を選ぶこともなく、一律の安心料と考えるのが妥当でしょう。

注意しなければいけないのは、ホームページに5万円~などと安い金額が提示されている会社もあるのですが、そんな金額ではきちんとした調査は不可能だと覚えておいてください。安い金額という理由でお願いしたとしても、欲しい情報が全く手に入らないのではどぶに捨てるのと同じことです。調査力があり、欲しい情報が手に入るか、ということについては必ずしも金額に比例しないのですが、特に大手探偵社という肩書がある会社は、コンプライアンス(法令遵守)を理由にして、踏み込んだ調査をしないかもしれません。

どうしても判明させたい情報というものは、手の届きづらいところになるので、それだけ突っ込んだ調査が必要になります。さらに料金体系は時間型・パック型・成功報酬型の3つがあり、時間型は明度の低い結果しか出ないことがあり、成功報酬型は、ほとんどが着手金や手数料以外の調査料金のみ成功報酬というパターンが多く、成功という定義自体も依頼者と同じとは限らないので、料金体系はパック型の会社に依頼するのがいいかと思います。

さらに、諸経費込みの興信所もあれば、別途請求の興信所もあるので、依頼の相談をするときは必ず確認する癖をつけるといいでしょう。料金に惑わされることがないようにしっかりと結果が出せる探偵社を選んでください。

-探偵事務所, 浮気調査
-, , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.