終活準備 冠婚葬祭

形見分けできるものとできないもの

形見分けできるものとできないもの

大事な方が亡くなられた場合、そのお部屋をずっとそのままにしているわけにはいきません。故人のものを片付けるとともに親族や友人などに形見分けをしましょう。思い出を共有するとともに、故人の教えや教訓を受け継ぐことができます。

 

 

形見分けの時期は宗教ごとに異なります

仏式の場合、いつまでに行なうかという時期は特に決まっていませんが一般的には四十九日のあととされています。喪中は避けた方がよいのです。 神式では五十日祭や三十日祭りを区切りとします。 キリスト教には形見分けという習慣自体がないものの、昇天記念日である葬儀から30日後くらいを目処にするとよいでしょう。 元々は、ブッダが弟子たちに自身の遺品を渡したのが起源とされており、昔は衣類を近親者に贈るという習慣でしたが、最近では血縁関係のみならず親しい間柄の人に送るようになっています。ただ、目上の方には送らないよう注意しましょう。

形見分けの対象と、向かない品とは

故人が愛用していたものが対象となるため、時計や衣類・装飾品などが一般的です。ただ、高額なものは贈与税の対象となるため宝石などはやめておいた方がよいでしょう。相続人が複数いる場合には遺産の一部となるため遺産分割の手続きも必要となります。トラブルの原因とならないようよく話し合って行いましょう。プレゼントではないのでラッピングする必要はありません。あくまで受け取る側が喜ぶものを渡すのが基本です。不要になったガラクタを押し付けるのはやめましょう。たとえ遺言で渡して欲しいとあっても、受け取る側が欲しくなければ断ることもできます

生前の形見分けもおすすめなのです

ただでさえトラブルの引き金となりやすい形見分けですが、故人の亡くなった後に行われるとなると、その意志がきちんと子や孫に伝わらない場合も。それなら生前形見分けはいかがですか。まだ元気なうちに行えば自身の手で手渡すことができますし、相手に気持ちを伝えることができます。 エンディングノートを書き記しておくという手もあります。 年齢を重ねる中で少しずつ気力も体力も落ちてきます。認知症になって物事の判断ができなくなるかもしれません。その前に行えばトラブルも回避でき、良い思い出が作れるでしょう

形見分けには故人との思い出を共有するという意味があります。それによって身内同士でのトラブルが発生することは故人は望んでいません。誰もが納得できる形でできるようにしたいものです。 どれに価値があるのか、どのように処分すればよいのか分からないという場合には不用品回収業者など専門家を活用するのもよいでしょう。

-終活準備, 冠婚葬祭

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.