子育てサプリ 結婚生活

母乳育児のメリットと子どもへの影響

母乳育児のメリットと言えば、赤ちゃんに良質な栄養を与えられることや、お母さんの子宮の戻りがよくなることなどがあります。

しかしそれ以外にも、赤ちゃんにとって良い影響があります。そのいくつかをご紹介します。


触れ合う時間が多く、変化に気付く

母乳は最初からたくさん出るわけではないので、特に始めの頃は授乳回数も多く、一日のほとんどを赤ちゃんを抱っこしていた…という事もあります。それは一見大変でもありますが、母乳を飲んでいる姿を見ているととても幸せな気持ちになります。

また、頻回に授乳することで必然的に子どもを見ている時間が多くなるので、熱があったり痒そうにしていたりなど、ちょっとした体調の変化にすぐ気付きます。そして、お母さんと触れ合う時間が多いと子どもも安心感を得られることも、母乳育児の大きなメリットです。

荷物が少ないので、お出かけも気軽に行ける

子どもを連れてでかけようと思った時、ミルクだと哺乳瓶やお湯など多くの荷物が増えます。その用意をするだけでも大変ですし荷物も重くなるので、ついついお出かけが億劫になってしまう事もあるかと思います。

しかし母乳育児の場合は、出掛け先の授乳室や授乳ケープを持参することでどこでも授乳が可能なので、さっと身軽にお出かけすることができます。出掛けた先で親以外の人に会うことや外の世界の空気を感じたりすることは、子どもにとても良い影響を与えますし、お母さんのリフレッシュにもなります。

卒乳を経験することで、大きく成長する

離乳食が順調に進んだり、お母さんが仕事に復帰するなど、いつかは卒乳する日がやってきます。特に、おっぱいが大好きだった子にとっては、卒乳は母子共に少し寂しいことかもしれません。

しかし、何日か前から「○○日でおっぱいはサヨナラね」と言い聞かせることで心の準備をさせてあげたり、寝かしつけをお父さんに協力してもらったり、今まで授乳に充てていた時間をその分めいっぱい触れ合って遊んだりと、これからの育児で大切なことがたくさんあります

卒乳は、成長するための大切なステップでもあります。

まとめ

母乳育児はやはりお母さんにかかる負担が大きいので、大変なこともたくさんあります。しかし、振り返るとその期間は決して長くなく、また母親にしか体験できない限られた貴重な日々でもあります。

子どもの成長を実感できることは、何よりの幸せです。しんどくなった時は周りの助けも借りながら、メリットの多い母乳育児を楽しんでください

-子育てサプリ, 結婚生活

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.