ピアノ買取 中古買取

カビが生えているピアノの価格はどうなる?

長年使っていなかったピアノを久しぶりに見たら、全体にカビが生えて真っ白になっていてびっくりすることがあります。あまりにもひどい状態だとピアノ買取のときに査定価格に影響するので保管には普段から注意が必要です。

 

 

 

高温多湿に弱いデリケートな楽器

リビングに楽器を置いているなら普段から窓を開けたりエアコンを使ったりすることで風通しがよいのでそれほど問題ありませんが、物置や裏の部屋などに置いていてほとんど蓋を開けることがないと、梅雨の間に湿気がこもってあっという間にカビが生えてしまいます。特に木材でできているアップライトやグランドは自然の素材なのでとてもデリケートで、こまめにお手入れをしていないとすぐに状態が悪くなってピアノ買取のときにも価格が下がってしまう原因になります。長期間使わないときは保存場所にも気を使いましょう

楽器の内側は特に掃除をするのが大変

外側の汚れは電子楽器でもアップライトやグランドでも比較的簡単に落とすことができて、プラスチックやラックの部分は専用のクリーナーや柔らかい布で拭けばきれいになります。しかし、内側に発生したカビはなかなか落とすことができず、解体しないと手が届かない部分があったり鍵盤の内部まで付着してしまうと完全に掃除するのは困難です。ひどい状態になると専門家に頼んで高い費用をかけて清掃してもらうことになるので、普段から使用する、しないに関わらず定期的に蓋を開けて内部も風を通すようにするのがおすすめです。

湿気を防止するためのさまざまな工夫

日本は高温多湿で梅雨もある国なので、完全に湿気を防止するのはほとんど無理です。それでも楽器を大切に扱うためには部屋に除湿機を置いたり、直射日光が当たらず風通しのよい場所を選ぶなど工夫をすることで対処できます。楽器店にはピアノ専用の乾燥材があり、内部に入れておけば湿気を吸い取ってくれるので状態を良好に保つために使えます。専用クリーナーやカビ防止剤などのお手入れグッズも売っているので、お店のスタッフに相談したり調律師が来たときに話を聞いて、ピアノ買取のために最適な環境に置くようにしましょう。

 

ピアノ買取では楽器の状態を査定で調べるときに、外部の汚れだけでなく内部もしっかりチェックされます。いくら外側をきれいにしていても内側がカビだらけだったりすると音質にも影響し、高額買取を狙うことができません。普段から湿気対策をしたり指紋や汗を拭き取っておいたり、こまめに蓋やカバーを開けたりすることで対処して買取に備えましょう。

-ピアノ買取, 中古買取
-, , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.