子育てサプリ 結婚生活

母乳育児中にお母さんが気をつけること

「子どもを出産したら、母乳で育てたい」と考えているお母さんが多いと思います。

母乳には多くの栄養が含まれていて赤ちゃんの発育や健康にとても重要ですが、意外と知らない事もたくさんあります。

そこで、楽しく母乳育児をするためのポイントをいくつかご紹介します。


すぐに母乳が出なくても、焦らなくて大丈夫

「出産したら母乳はすぐ出るもの」と思っている方は、意外と多いのではないでしょうか。しかし実際は、出産してから赤ちゃんに乳首を吸われることでホルモンが出て母乳が作られます。そして、お母さんも赤ちゃんも授乳に慣れていくうちに、充分な量が出るようになってきます。

ですが、出産直後はお母さんも疲れや寝不足で体力が落ちていたり、初めての授乳に緊張していてリラックスできず、母乳が出にくいことが多いです。充分な量が出るようになるまではミルクで補いつつ、体を休めながらゆっくり授乳に慣れていきましょう

質の良い母乳を出すために気を付けること

母乳育児中に大切なのは、お母さんの食生活です。まず、母乳はお母さんの食べたものから作られるので、バランスの良い食事を心がけましょう。脂っこい物や甘い物などを食べ過ぎると乳腺が詰まって乳腺炎になる恐れがあるので、あまり食べないようにしましょう。

とは言え、我慢のしすぎもストレスになって良くないので、時々自分へのご褒美に楽しむぐらいなら問題ありません。また、母乳は血液なので、お母さんは貧血になりやすくなります。母乳育児中は、意識して鉄分が多く含まれている食品を摂るようにして、水分補給もしっかり行いましょう。

「母乳育児」に固執しすぎないことも大切

母乳育児中は、ついつい母乳育児を続けることに必死になってしまいがちです。これは、世間の風潮や、母乳育児を強く推進する産院で出産したなど、お母さんが「母乳は良いもの」という考えに追い詰められてしまう傾向があるからだと思います。

しかし、それに固執するあまり、夜あまり眠れなくていつまでも体力が戻らなかったり、赤ちゃんの体重の増え方が少なかったりして、逆にストレスになってしまうこともあります。ミルクもしっかり栄養が入っているので、夜間だけはミルクを足してゆっくり休むなど、上手に使いながらやっていきましょう

まとめ

母乳育児中は、色々気を付けなければいけない事や、赤ちゃんの飲む量が足りているか気になるなど、大変なことも多々あります。しかし、自分の子どもが母乳を飲んでおおきくなっていく姿を見るのは嬉しいですし、母親としての喜びでもあります。

子どもはすぐに大きくなります。この限られた幸せな時間を、めいっぱい楽しんでください。

-子育てサプリ, 結婚生活

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.