終活準備 冠婚葬祭

お葬式前に連絡をしておくべき所

お葬式前に連絡をしておくべき所

大切な家族が亡くなった際には、誰しも穏やかではありませんが、いつまでも悲しんでいるわけにもいきません。故人のためにも、気を強く持って各方面へ連絡し、葬儀の準備を進めることが重要ですし、それが供養ともなりひいては自分のためにもなります。

 

 

お葬式前は第一に葬儀社へ連絡する

家族が亡くなった場合、お葬式前にまずは葬儀社を決定しすぐに連絡を行います。これは故人の亡骸を安置する場所を確保すると同時に、葬儀の規模や宗派に沿ったお寺の選定や取次など、多くの作業を葬儀社が担当してくれるためです。 連絡後、葬儀社の担当者との間で詳細についての打ち合わせが行われます。この時に安置場所やお寺の選定、喪主や施主、葬儀の規模や方法、各種オプションなど細部について話し合います。 お金の面も含めて葬儀に関するほとんどの事が決められるため、全てを葬儀社任せにせず、しっかりと意見を主張することが大切です。

火葬のためにも役所への連絡は速やかに行う

役所や会社など、社会的な繋がりのある機関への連絡も、お葬式前に行う必要があります。 役所に関しては火葬の際に特に重要で、届け出が遅くなるほど火葬の順番も遅くなります。死亡診断書を提出することで、火葬に必要な「火葬許可証」を発行してもらうことができます。各方面に「死亡診断書」等書類を提出する時は、原紙が求められる際には必ずコピーを何部かとったうえで原紙を提出します。 故人が会社へ所属していた場合は、直属の上司や親しい同僚に伝えておく必要があります。役職によっては社葬が実施されることもあるため、怠らないよう注意します。

知人や友人に連絡し葬儀の規模を推定

親族や故人が親しかった友人・知人にも、予め伝えておきます。方法は電話で構いませんが、相手が忙しい場合はメールでも問題ありません。 可能であれば、葬儀への参列の可否をそれとなく聞きます。参列者の数が前もって予測できると、それに見合った大きさの会場を借りられるためです。余裕をもって広めの会場を借りてしまうという方法もありますが、あまりに広いと参列者で埋まらないこともあり、参列者の数が多い割に寂しい葬儀に見えてしまうこともあるため、特に親族の場合は気兼ねせずハッキリと確認しておきます。

このように、お葬式前に伝えるべき所はある程度決まっています。中には少し遅れるだけでも葬儀の日程に影響が出るケースもあるため、プライオリティを付けて後回しにできるものは後日行うなど、作業のようにこなすことも重要です。 しっかりとした準備をもって臨めば、葬儀を滞り無く終えることができ、穏やかな気持で故人とお別れすることができます。

-終活準備, 冠婚葬祭

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.