保険 結婚生活

保険の見直しの必要性

保険の見直しの必要性

ライフスタイルの変化によって見直すべき保険

 

生活が変わるたびに保険の見直しを

保険とは、その方それぞれのライフスタイルによってどのような保障が必要か、またどの時期に保障を受けるべきかなど、条件が異なってくるものです。そのため、自分のライフスタイルが変化するごとに保険の内容は見直す必要があると言えます。今の自分の状況、そして将来に起こりうる事態を想定した上で、適切な保険を選ぶことが求められるのです。

 

独身の若いときに何となく保険に加入してみたものの、家族が増えたり歳を重ねたりしていざ保障が必要になったときに、既存の保険では保障が全く足りなかったり欲しいところの保障がついていなかったりという事態になってしまっては大変です。そうならないようにするためにも、その都度保険を見直すことが大切となるのです。

 

どのようなときに見直すべきか

保険の見直しを行った方がよい時期とは、具体的にどのようなときなのかを以下に挙げます。

 

・人生における節目
例えば、就職して自分で収入が得られるようになれば、自分のための保険に加入することがすすめられます。そのときは自分の保障のみを考えればよいですが、そこから結婚すれば、配偶者への配慮が必要となります。さらに子供ができたときには、教育資金も含めた補償を考えることとなりますし、その子供が独立できるようになったときには夫婦の老後を見据えた保険への切り替えが求められるでしょう。

 

・経済状況の変化
加入者本人の収入や経済状況に変化があったときも保険見直しのポイントであると言えます。職業が変わって収入が変わったときには、保険料の負担について考えたいところです。また家族ができてマイホームを持つ際に住宅ローンを組むと、また経済状況が変わってきます。こうした変化のたびに、その状況に適した保険プランがあるのです。

 

契約中の保険内容が変わっていることもある

上記のように、それぞれの節目や変化があるごとに保険を見直すことは大切ですが、いざ見直しが終了して一安心というわけにもいきません。保険商品は、時代の流れやニーズによってその内容自体が変わったりすることがあるのです。

 

既存の保険で、契約時には保障されなかったものも保障の範囲が広がって可能になったり、その時にはつけられなかった特約がつけられるようになったりすることがあります。保険商品もその内容を見直されて販売されているのです。そのため、定期的に保険を見直してさらに安心な方法を選ぶようにしましょう。

関連ページ

-保険, 結婚生活

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.