お肌ケア 美容

鼻の角栓のケア方法 

鼻の角栓のケア方法

 
鼻に出現する迷惑な存在と言えば、ブツブツする古くなった角質ですよね。
 
この角質は洗顔やクレンジングできれいにしても、すぐに詰まってしまいます。
それが黒ずみになって、目立つと…至近距離が苦手になったりマスクに逃げたくなったりしますね。
 
実は、毛穴に詰まった角質は毛穴パックや正しいスキンケアで
一旦除去することはできますが、角質が詰まる根本原因から改善しないと何度も繰り返してしまいます
 
 
ここでは、気になる鼻の角質に悩まされないように、鼻の角質を除去するセルフケアと
根本的な原因を改善する方法まで書き留めておこうと思いますので、ぜひ実践してみて下さい♪
 
 
鼻に詰まる角質には『白い』ものと『黒い』ものがあります。
黒くなってしまったものは、長い間毛穴に放置された皮脂が酸化したもので
詰まる原因はどちらも変わりません。
 
『余分な皮脂』『古い角質』『汚れ』が混ざり合い、毛穴を詰まらせてしまいます
 
この3つの原因の対策をきちんとケアできれば、にっくきぶつぶつとはお別れです。
 

角質をとるための効果的なケアとは?セルフケアメソッド

『古い角質』は乾燥や摩擦、紫外線などの外部刺激や食生活により肌のターンオーバーが乱れ、
本来生まれ変わるはずの肌細胞が、角質となり肌表面に残った状態です。
 
『汚れ』は日々のメイクやファンデーションの落とし忘れや埃、静電気などでついたチリなどです。
 
この2つの原因は日々のセルフケアをきちんと行うことで改善されます。
 
セルフケア後も角質が溜まりづらくするためには、きちんとした保湿ケアを行うことが大切です。
 
 
鼻の角質を取り除く方法を、毛穴パックやピーリング石鹸をイメージする人も多いかもしれません。
 
しかし、残念ながらそのようなアイテムは無理やり角栓を引き抜いたりして
過度に肌に刺激を与えるものがあり、肌の負担になり逆に悪化してしまうことがあります。
 
日頃のケアにそのようなアイテムは必要ありません
肌にダメージを殆ど与えずに、自宅にあるものを使って簡単に角栓を除去することが可能です。
 
 
鼻の角栓を取り除くためには、まず毛穴を開いて取れやすくする必要があります。
 
毛穴を開くことで皮膚が柔らかくなり、除去しやすくなる上に、必要な皮脂を残して洗浄することができます。
 

手軽にできる鼻の毛穴を開く方法

簡単に鼻の毛穴を開く方法として『蒸しタオル』があげられます。
しかし、簡単にできる反面、蒸しタオルは肌の水分も蒸発しやすいので注意が必要です。
 
毛穴が開いたら、角栓を除去していきます。
おススメなのはオリーブオイルです。エクストラバージンオイルならベストですが、普通のでも大丈夫です。
ベビーオイルを使う方もいますが、ベビーオイルは鉱物油なので、肌を保護する効果が高すぎて角栓ケアには不向きのようです。
 
綿棒や薬指で優しく下から上にクルクルと撫で上げます。
オリーブオイルの角栓ケアが終わったら、泡で優しく洗い、ぬるま湯でゆすいだ後に冷水ですすぎをする事で毛穴を引き締めます
 
繰り返さない角質ケアの為に、保湿は念入りに行ってください。
 
角栓の取れた肌は角質層が水分不足になり非常に無防備です。
化粧水を浸透させて、保湿クリームを浸透させ肌の水分の蒸発を防いでください。
 

食事から肌を改善!肌をケアするための食事

ニキビを発生させない、ニキビを悪化させないためにも、日々の生活に注意する必要があります。
ニキビを発生させないためにはどうすればいいかというと、やはり食事の面で、皮脂の排出が活発になるような食事や糖分などの過剰摂取はやめた方がいいでしょう。
 
そしてニキビの要因になっている体内で変化した悪い酸素を取り除くために必要なビタミンCや、脂質の新陳代謝を良くするビタミンBなどをよく摂取し、代謝を良くすること、亜鉛などが含まれている食べ物をよく食べるというのもニキビに効果的です。
ニキビに気をつける食事内容は、1日意識しただけでは意味がありません。毎日の努力が大切ですから、日々意識しないとなにも効果がありません。
ニキビを発生しづらい体質に改善するためにも、毎日の食生内容を意識することが重用です。
 
20170906_ichigo05
 
詳しくいえば、今日本はの食事内容はヨーロッパやアメリカのようなカロリーの高いものを中心とし食事内容になりつつあります。
そのような食事内容は避け、脂が少ない和食などを中心に食べることを意識しましょう。
また小腹がすいてしまった時も、カロリーのラ回スナック菓子などを食べるよりは和菓子などを食べる方がニキビを事前に対策するにはいいとされています。 
栄養価のバランスが欠けた食事は極力避けるようにすることでニキビを発生しずらい体内環境をつくることが可能です。
ニキビをすぐにでも直したいときも、食事内容の改善が重用ですが、1日やそこらでは治りませんから、数日続けることがポイントになります。
ビタミンや栄養バランスを意識しニキビ対策として栄養バランスのとれた食事内容をを心がけましょう。

再確認で改善しよう!肌をケアするための洗顔方法

ニキビの対処法として洗顔が大切であるということは予防のところで、お話ししましたよね。
ですが、一概に洗顔といっても単に水洗顔をするだけではニキビを予防できるというわけでもありません。
お肌の天敵でもあるニキビを予防するのための洗顔というのは、ニキビに効果のある、低刺激の洗顔料などを選ぶ必要があります。
ニキビ専用の化粧品も今は色々と販売されていますよね。
 
なかでもケミカルピーリングはニキビ治療として美容外科などで取り入れられており、ケミカルピーリングが自宅で手軽にできる石鹸なども今は販売されていますから、そちらを使ってみるというのもニキビ予防に効果的でしょう。
それではニキビのための正しい洗顔方法について、ここで紹介したいと思います。
まず石鹸を直接使うのではなくて、泡ネットなどを使い、まずはしっかりと泡立てましょう。
そして十分に泡立てたら、その泡で顔を包み込むようにして洗いましょう。ごしごしと強く洗顔する必要はありません。
強く洗えば、肌を傷つけてニキビを悪化させてしまう可能性があるため、優しく洗い上げてください。
 
乾燥肌の人は特に優しく洗顔するように心がけましょう。
以上が、正しい洗顔の方法ですが、洗顔後はしっかりとすすいでおかなければ、ニキビの原因になり、さらにはニキビを悪化させることにもつながりますので、その点も十分に注意しておきましょう。
ニキビが出来やすい人は、こまめに洗顔をして清潔な肌の状態を保つことも大切です。かといって洗いすぎは逆に肌への負担を与えることになるので適度に洗いましょう。
 
20170906_ichigo06

炭水化物は要因なの?肌と炭水化物の関係

ニキビと炭水化物は関係性があることはご存知でしたか?というのも、ニキビが発生しやすい人は、炭水化物が好きだという人が多くみられます。
炭水化物は皆様も口にしたことがあるだろうお米、パン、麺類などが思い浮かぶかと思いますが、この炭水化物はニキビを成長させてしまうのです。
 
炭水化物というのは摂取することで体内に消費され糖に分解します。その糖の成分はその後脂化し。
そして脂になった後、皮下脂肪になり体内に蓄積されることもありますし、排出される皮脂の要素にもなるのです。
ですから、皮脂の排出が大量である人は、ニキビが発生しやすいですが、その皮脂の要素を作成する炭水化物を過剰摂取すれば、必然的にニキビも発生しやすいことになるのです。
 
炭水化物を過剰摂取すれば、皮脂の排出が活発になってしまいますから、ニキビが発生しやすい人は、できるだけ炭水化物を控えるように意識しなければいけません。
 
日本人の主食はお米ですから、どうしても炭水化物を摂取しすぎてしまいがちですが、炭水化物を摂取するときには、摂取量をよく考えて、摂取しすぎないように意識しなければいけません。
もちろん炭水化物を摂取することが直接ニキビにつながるというわけではなく、ニキビが発生やすい体の人が、炭水化物を過剰に摂取してしまうことが、ニキビを悪化させることなどにつながるということです。
なので、極端に炭水化物を摂取すてはいけないというわけではありませんのでこの点は誤解しないようにしましょう。
少しニキビが発生しやすいと思ったときには量を減らすなど調整した方がいいでしょう。
 

記事作成者

白石結

美容が趣味の主婦です。美容グッズを集めたり使用したりするのが趣味です。
いちご鼻については、自分でも悩んでいて、色々調べて改善できましたので
その体験を皆様にもお伝えしたいと思いサイトを作りました。
よろしくお願いします。

-お肌ケア, 美容
-, , , , , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.