終活準備 ダイエット

ヨガダイエットする時に避けるとよい食材


ホットヨガでダイエットするときには、エクササイズ前後2時間の食事は避けるようにします。避けた方が良い食材は女性が好きな甘いものをはじめ、糖質や脂質が多いものです。すぐに食べられる食材のストックも避けた方がいいです。

 

 

ホットヨガで体調を整えてダイエット

ホットヨガは暖かい部屋で大量に汗をかきながらエクササイズをするので、体内の老廃物や毒素が排出されてデトックスできます。 エクササイズでは独特の呼吸方法でエクササイズを進めていくので、普段使わない深層筋を鍛えることもできます。骨盤矯正などの効果もあるので、歪んでしまった身体が整って血流やリンパ液の流れが良くなり、むくみが改善しやすくなるものメリットですね。 こういう嬉しい変化を持続させてダイエット効果を高めるためには、ホットヨガと並行して食べているものにも気を使ってあげることが大切です。

甘いものはできるだけ避けること

ホットヨガをすると、お腹が減ります。かなり汗を掻くのでエクササイズ中の水分補給は欠かせないのですが、水以外のものはヨガの前後2時間は摂らないようにします。 お腹が減ると手っ取り早く甘いお菓子に手が出そうになりますが、これはできるだけ避けたいことです。特にホットヨガの後は身体が飢餓状態になっていて、栄養を吸収しやすいモードになっているので甘いものを食べると脂肪になりやすいです。甘いものは血糖値を一気に上げてしまい、その後血糖値が急激に下がってさらにお腹が減るというスパイラルを引き起こすので、できるだけ避けるようにしましょう。

すぐに食べられる食材は避けるのがポイント

菓子パンやファストフード、スナック菓子などは、すぐに食べられて忙しい現代人の味方です。しかし、こういう食べ物には大量の糖質と脂質が入っています。炭水化物の塊である小麦粉、酸化したジャガイモ、など品質が低い食材が入っているものが多いです。 すぐに食べられる加工食品などの食品は便利ですが、ヨガダイエットの効果を高めたいならすぐに食べられる食材はストックしておかない方がいいでしょう。 また、クリームや白米、パン、生野菜など身体を冷やす食材も食べ過ぎないようにした方がいいですよ。

いかがでしたか?忙しいからといって結構NG食材を選びがちだったのではないでしょうか。 もし自分に当てはまったという方は、これから気をつけてOK食材に切り替えていけばホットヨガによる体調の嬉しい変化が感じられるでしょう。 また、ヨガでは食べ物に感謝して食べることも大切な行為の一つと考えられています。食べる前には心を込めて「いただきます」と言えるようにしましょう。

-終活準備, ダイエット
-, , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.