探偵事務所 浮気調査

必ずしも離婚を前提に行うわけではない

探偵事務所に浮気調査を依頼するとき、必ず離婚を前提にするわけではありません

相手の行動を知るだけのこともあれば、その情報を元に離婚をすることもあります。

知られずに、内緒で調査を行うことができます。

何となく怪しいと考えた時に依頼する

結婚する相手は、自分にとっては魅力があるはずです。となるとその他の人にとっても魅力があるかもしれません。男前の男性であったり美人の女性であれば、結婚をしていても近づいてくる人がいるはずです。

それが気になって生活に支障が出ることがあるかもしれません。パートナーが不倫しているのではと何となく怪しく感じるときには、浮気調査を依頼してみるとよいでしょう。

わかったから離婚をするなどの目的ではなく、できればしていないとの結果が得られるのを望む依頼です。わかったとしても離婚までは考えていないので、それほど大掛かりな調査をしてもらう必要もありません。

離婚を前提にして探偵事務所に依頼をする

結婚をして生活をしていると、夫婦間にはいろいろなトラブルがあります。その一つとして、パートナーの浮気があります。現代のように出会う場が多いと仕方がない部分もあります。

そのため、1度、2度ぐらいは大目に見ることもあります。でも何度も行うようになるとそれでは済まされないことも出てきます。不倫に対する浮気調査を行うのは、離婚を前提にして探偵事務所に依頼をする時があります。

離婚となると、相手も簡単には認めません。慰謝料などの支払いにも抵抗される場合もあります。こちらの考え通りに進めるためにも、証拠を得る必要があります。

結婚を考えている相手の交友状況を調べる

結婚をする前には交際期間を持つことがあるでしょう。そしてお互いに良いと考える時期に結婚に進むこともあります。一方で結婚まで行く前に別れることもあります。

何かあれば離婚をすればいいと安易に結婚するのは良くなく、一度結婚をすればできるだけ一生連れ添うぐらいの気持ちが必要です。もし結婚を考えているのであれば、相手が不倫をしているか浮気調査をしてみましょう。

結婚をしていないからと言って自由に行動をしてよいとは限りません。調査結果によっては、将来の結婚も考えないといけません。プロに依頼をすれば、知られずに相手のことを知ることができます。

まとめ

パートナーが不倫をしていることを知るのはショックです。でも将来のために知ることも必要です。

離婚を前提にする場合も前提にしない場合も浮気調査で納得することができるかもしれません。結果を知ればすっきりすることができます。

-探偵事務所, 浮気調査
-, , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.