歯磨き 美容

ホワイトニング歯磨き粉を使ってはいけない人とは?

 

ホワイトニング歯磨き粉を使ってはいけない人とは?

ホワイトニング歯磨き粉は、自宅で手軽に歯を白くすることができるので人気を集めています。ドラッグストアや通販などで購入できるものが多く、歯科医院に行く手間もありません。ただ、妊娠中など使って歯いけない人もいるので注意しましょう。

 

 

ホワイトニング歯磨き粉が歯を白くする

ホワイトニング歯磨き粉は、自宅で歯を磨く際に使う歯磨き粉を帰るだけで、手軽に歯を白く出来ると人気です。まず、コーヒーや茶渋、タバコのヤニなど、歯の表面に付いた汚れは、研磨剤を配合することで落とすことができます。研磨剤の成分が大きすぎると、かえって歯を傷つけてしまうので、小さな粒子のものを選びましょう。そして、フッ素などで歯の表面をコーティングすることで、歯に汚れがつきにくくしていきます。歯磨きは毎日のことなので、歯磨き粉を変えるだけで、歯への効果は大きく変わってきます

ホワイトニング歯磨き粉は誰でも使えるのか

歯を白くしたい人なら、誰でもホワイトニング歯磨き粉を使えるのでしょうか。多くの人は使うことができるのですが、中には使ってはいけない人がいます。まず、妊娠中の女性は、においや味に敏感になっているので、普段使わない歯磨き粉を使ってしまうと刺激になってしまうことがあります。気持ち悪くなってしまうこともあるので、この時期に新しい歯磨き粉を使い始めるのは避けた方がいいでしょう。妊娠している女性がホワイトニング歯磨き粉を使用したい場合は、出産後落ち着いてから使用するようにします。

ホワイトニング歯磨きを使ってはいけない人

ホワイトニング歯磨き粉には、研磨剤が含まれています。知覚過敏の患者さんにとっては、刺激が強く、歯がしみてしまう原因になります。使ってはいけない人というわけではないのですが、使用する際には注意しましょう。また、磨く力が強すぎる人が研磨剤入りの歯磨き粉を使うと、歯がすり減っていってしまいます。特に歯と歯茎の境目は、力が入りやすく、歯が削れやすいので、鏡を見て確認しましょう。こうすることで、安全にホワイトニング歯磨き粉を使用することができ、大切な歯を守ることができるようになります

ホワイトニング歯磨き粉は、歯の汚れを取り除くための研磨剤と、歯をコーティングするためのフッ素が配合されています。妊娠中の女性は普段使い慣れていない歯磨き粉に注意が必要ですし、知覚過敏のある患者さんには、研磨剤により歯がしみてしまうことがあるので注意しましょう。安全に使うことで、歯を守ることができます。

-歯磨き, 美容
-,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.