妊活サプリ 結婚生活

葉酸サプリは栄養バランスを考えて選ぼう

葉酸サプリは栄養バランスを考えて選ぼう

妊娠出産期に必要とされる葉酸量400μgを満たすには、葉酸サプリを使うのが効率的です。

ただし、葉酸だけ摂取するのではなく、協力関係にあるビタミンB12やビタミンCなど他の栄養バランスも考えて選ぶことが大切です。


妊娠出産期に必要な葉酸は400μg

葉酸はビタミンB群の一種で、ほうれん草などの緑黄色野菜にも含まれています。ビタミンCと同様に水溶性で、体に必要な量より摂取しても過剰分は尿と一緒に排出されるので、過剰摂取になるリスクは低いです。

妊娠出産期に大切な理由は、胎児の先天性リスクの軽減などの効果があるからです。着床障害で不妊になっている場合は、DNAの合成に働きかける葉酸を摂取することで受精卵が細胞分裂をスムーズに行えるようにサポートしてくれます。

子宮内膜にも働きかけて着床しやすくしてくれるので、不妊改善にも役立ちます。1日400μgが推奨摂取量となっています。

効率良く摂取するなら葉酸サプリ

葉酸をしっかり摂取しなければと分かっていても、水に溶けやすく排出されやすいという性質があるので食品からだけで摂取するのは難しいです。

食品からだけで摂取しようとすると、ほうれん草300g、ブロッコリー300g以上など大量に野菜を食べる必要があります。つわりがひどかったり、産後の育児で疲れていると葉酸を十分な量毎日摂り続けるのは難しくなります。

こういう時には、葉酸サプリなら小さな粒にぎゅっと栄養素が詰まっているので、効率良く摂取できます。食品由来の成分から抽出されたモノグルタミン酸の葉酸を使った葉酸サプリだと安心です。

葉酸以外の栄養バランスも考えて選ぼう

葉酸が妊娠に必要だからと言って、それだけ摂っていればいいわけではありません。特にビタミンB12は葉酸と協力関係にあり、共にDNA合成や細胞分裂の働き、血液に必要なヘモグロビンを合成するので、妊娠中の貧血予防や防止に必要な栄養素です。

葉酸の再利用を助けてくれるので、同時に摂取することが大切です。他にも、葉酸を体内で活性型に変えてくれるビタミンCや妊娠中に必要とされるビタミンやミネラルの栄養バランスが整っている葉酸サプリを選ぶのが好ましいです。

また、水分補給をしっかり行い血液やリンパ液の巡りを良くしておくことも大切です。

まとめ

妊娠中や産後に必要になる1日の葉酸量400μgを満たすには、葉酸サプリを活用すると効率良く摂取できるでしょう。

その場合は必要な摂取量を満たしているか、葉酸の作用をサポートするビタミン類が含まれているかその他の栄養バランスが整っているかなどを考えて選ぼう、ということですね。元気な赤ちゃんを育てるためにも、お母さんの体を整えておくことが大切です。

-妊活サプリ, 結婚生活
-, , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.