終活準備 冠婚葬祭

知っておきたい香典返しのマナーあれこれ

知っておきたい香典返しのマナーあれこれ

お葬式で香典を下さった方へのお返しにお送りする香典返し。

詳しいマナーはよくわかっていないという方々も多いのではないでしょうか。

そんな方々の為に、香典返しのマナーをあれこれご紹介していきますので是非参考にしてみて下さい。


香典返しを送る時期と最近増えてきた当日返し

頂いた香典のお返しを送る時期は、宗教によって異なります

仏式の場合は、四十九日の忌明け後に送るのが一般的とされています。神式の場合は、もともと仏式の習慣である香典返しを送ることはありませんでしたが、近年では五十日祭の忌明け後に送られるようになりました。

キリスト教の場合も、本来香典のお返しを送る習慣がありませんが、他にならって送る際には、三十日祭の召天記念日後に送るのが一般的とされています。

また、最近ではお葬式当日にお返しする当日返しも増えてきています。当日返しをする場合には、頂いた香典の額がわからないうちにお渡しすることになりますので、香典の額により、忌明け後に更に他の品を送ることもあります。

香典返しの相場とふさわしい品物

香典のお返しの額は、一般的に「半返し」と言われ、頂いた香典の半額相当の品をお返しする方が多いですが、香典が3万円を超える場合は、3分の1、4分の1返しでも失礼にはあたりません。

お返しにふさわしい品物としては、お茶やタオル、海苔等の食料品や消耗品があげられますが、最近では、カタログを送付し、受け取った方々に好みの品を選んで頂く「選べるギフト」が広く普及してきています。

また、勤務先の方々から、部署単位等でまとめて頂いた場合や、友人知人からまとめて頂いた場合には、「皆さんで」と、その部署やグループ宛てに、個包装になっているお菓子等を送ってもいいでしょう。

香典返しを送らない場合に心がけること

香典のお返しを送るか送らないかは、香典を受け取った側が決めることです。故人の生前の強い意志で、福祉施設や病院、大学の研究施設等に寄付をする場合も見受けられます。

しかし、一般的にはお返しは送るものと思われていますので、送らない場合には、その理由を書いたお礼状を香典を下さった方々に送るのが望ましいでしょう。

寄付をした際には、寄付に対する感謝状等が送られてくることも多いですので、そのコピーを同封するのも良いかもしれません。

その他の理由で、香典のお返しを送らない場合にも、やはり納得できる理由をしたためて、お葬式に参列して下さった方々にお礼状を送るのが適切でしょう。

まとめ

以上、香典返しのマナーについて述べて来ましたが、お返しの根底にあるのは、故人への哀悼の意を込めて香典を下さった方々への深い感謝の気持ちです。

マナーだからとただお返しするのではなく、一人一人に思いを馳せて、品を選び、心を込めてお送りしたいものです。

-終活準備, 冠婚葬祭
-, , , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.