終活準備 冠婚葬祭

葬式をするときにかかる香典の金額

葬式をするときにかかる香典の金額

高齢化社会になったことでお葬式をする式場というのがたくさん増えていますので、急な連絡で参列しなくてはいけなくなることも多いです。

そこで参列するときのお香典というのも金額など知っておくべき知識があります。


お葬式で持参するお香典の意味合い

社会人になると冠婚葬祭に行くことが増えますのでフォーマルな衣装を揃えたり、冠婚葬祭に関する基本知識を身に付けておかなくてはいけません。冠婚葬祭ではご祝儀などのお祝いを持参することも常識になりますので、お葬式ではお香典というものにお金を入れて持参するのが常識になります。

この香というのは線香の香から取ってきた言葉になり線香の代わりに供える意味合いがあり、故人の喪主や家族以外の人は必ず持参しなくてはならないものになります。また線香の代わりとなる香典は遺族のための慰労や支援としての意味合いもあることを知っておかないといけません。

昔と今とで違う葬式の習慣やしきたり

昔は今のように色々な宗教を自由に信仰することができなかったので、冠婚葬祭でも昔と今とでは習慣やしきたりに違いがあります。

昔は仏教しか日本人の習慣にはなかったのでお香典も仏教のものだけといったしきたりになっていましたが、今では色々な宗教を信仰している人がたくさんいますので、仏教だけではなくほかの宗教でもお悔やみの気持ちを表すものに出すようになっています。

昔も今も変わらないところといえば葬式をするときに持参をすること、そしてお香典の金額は決まりがありますので、決まった金額を喪主や遺族に渡すのがしきたりになります。

亡くなった故人との間柄によって違う金額

葬式では必ず持参するのが数珠そしてお香典になりますので、不祝儀袋の中に入れる金額というのは適当でよいということがありません。

不祝儀袋に入れる金額は亡くなった故人との間柄のよって違いがありますので、一番高いのが父や母の間柄になり50000円から100000円になります。次に祖父母で30000から50000円であったり兄弟や姉妹も同じ金額になっています。そして知人や友達また仕事の関係者の場合には5000円から10000円になり、お香典でも一番低くなるのが3000円から10000円のご近所周辺になっています。

まとめ

家族葬の葬式が人気になっている現代は高齢化社会でますます増えており、葬式に参列するときに大事なお香典の金額のことも社会人のマナーとして知る必要性が高くなっています。故人との間柄で金額には差があり気をつけないといけません。

-終活準備, 冠婚葬祭
-, , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.