引越し 婚活準備

女性だけの引越しで注意すべきこと

女性だけの引越しで注意すべきこと

いくら男女が平等な社会とは言いつつも、女性は男性よりも腕力がないのが現実です。ですから、女性が男性に対してある種の不安を感じるのも当然です。そのような現実の中で女性が引越しをするのはリスキーな部分があります。そのリスクを減らす工夫が大切です。

 

 

不安を伝えることからはじめよう!

引越し業者に依頼をする際は最初から「女性であることに不安」を正直にお話することが大切です。そこで恥ずかしがったり無理をする必要はありません。正直に話したほうが業者も親身に考えてくれるものです。そもそも依頼する側はお客様の立場ですから、要望を伝える権利があります。 ワンルームから引っ越す場合は、「訪問見積もり」ではない方法が正解です。ワンルームという広さでおおよその荷物の量がわかりますので業者は訪問せずに見積もりを出すことは可能のはずです。引っ越しの見積もりは業者の人を部屋の中に入れる必要がありますので不安で当然です。

戸建てに引っ越す場合の注意点!

集合住宅の場合は周りに人がいますので安心ですが、戸建て住宅に女性が引っ越すのは注意が必要です。戸建ては侵入する箇所がワンルームよりもあるからですが、そうであるだけに引っ越し業者が男性ばかりというのは不安が高まります。ですから、申し込みのときに女性の作業員がいることを要望することが大切です。 全員が女性ということは現実的ではありませんが、全員が男性というのは断るのも一つの方法です。女性が一人いるだけでも安心感が違うものです。女性の場合は男性に見られたくないものもありますが、事前にまとめておくのが賢いやり方です。

女性ならではの注意点を認識する重要性

最近はデジタル機器が発達していますので、それにまつわる犯罪も増えています。女性の場合ですと盗聴とか盗撮といった問題がありますので注意が必要です。最近は引越し業者でもそういった機器に対する対応を行っている業者もいますので利用を考える方が安心感があります。 もしできるなら訪問見積もり時も含めて引越しの際は男性に一緒にいてもらうのはよい方法です。別に彼氏とかである必要もありません。男性が一緒にいるだけで引越し業者に対してはもちろん周りに対しても犯罪の抑止力になります。また、防犯グッズの利用も検討するのが賢明です。

女性が男性よりも犯罪に遭いやすいのは厳然とした現実です。そうした中で女性が不安を感じない引越しをするには工夫が必要になってきます。最近は引越し業者のほうでもそうしたことを意識した営業を心がけている会社もあります。そうした会社を利用することが一番のリスクヘッジとも言えそうです。 自分の身は自分で守るのが最後は大切になってきます。

-引越し, 婚活準備
-, , , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.