法律事務所 債務整理

任意整理のデメリットと手続き

任意整理は、裁判所の手を借りずに債権者と債務者の話し合いによって、借金の減額方法を交渉していく方法です。裁判所がかかわらないために手続きが比較的容易で、借金の返済で困っている人は任意整理という手段を利用することが多くなっています。

 

 

任意整理の手続きと流れについて

任意整理を弁護士や司法書士などの専門家に依頼すると、受任通知が債権者に送られます。その時点で、督促や取り立てが即止まります。 次に、取引履歴の開示請求をして、取り寄せた後に金利の引き直し計算を行うのです。その結果をもとに、弁護士や司法書士が債権者と交渉して、返済期間や毎月の返済額を決めていきます。 これで話がまとまれば、減額された借金を3~5年かけて返していくことになります。返済が終われば、すべての手続きも完了です。 交渉が決裂した場合は、個人再生や自己破産などの方法をとらざるを得なくなる場合があります。

任意整理のデメリットはどこにあるか?

一番のデメリットは、任意整理をした人が信用情報機関のブラックリストに金融事故情報として掲載されてしまうことです。ブラックリストに掲載されると、新たなローンを組んだり、クレジットカードを作成したりできなくなります。この金融事故情報はおよそ5年間は保存されるので、しばらくの間は上記の手続きが不可能となります。 もう一つのデメリットは、専門家に依頼した場合に費用が掛かるという点です。すでに借金の返済で苦しんでいるのにさらに費用が必要になってくるので、債務者にとっては負担が大きいです。

借金が50万円未満の時はどうするべきか?

50万円未満の借金でも、返済が困難な場合があります。その場合は、任意整理することによるプラス面はあります。 たとえば、将来利息の支払いをカットできるので、負担が楽になります。 また、返済期間が長くなれば、毎月の生活にも少し余裕が出てくるでしょう。 ただ、専門家に支払う費用も捻出しなければいけません。また、もともと金利が低いローンの場合には、思ったほど借金が減額されません。金融事故情報が信用情報機関に掲載されるデメリットもあります。 それらのマイナス面も考慮して、50万円未満の借金を任意整理するかどうか決めていかなければなりません

任意整理は個人再生や自己破産と違って、手順が簡単なために誰でも利用できる手段になっています。そのほかにもメリットはあるものの、デメリット面も考慮する必要があります。50万円未満という少額の借金がある人が任意整理をするべきかどうかは、両面を考えたうえで判断しなければなりませんが、どうしても返済が難しいのならば手続きを開始したほうがいいでしょう。

-法律事務所, 債務整理
-, ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.