終活準備 冠婚葬祭

葬儀に参加する時に必要なマナー

葬儀に参加する時に必要なマナー

訃報は突然やってくる場合が多いでしょう。そのため急に葬儀に参加しなくてはなりません。そのような場合に、葬儀に関する様々なマナーを知らなければ、恥をかいてしまうと同時に、遺族にも大変失礼にあたります。葬儀に参加するときに必要なマナーは、最低限覚えておくようにしましょう。

 

 

葬儀に参加する際の男女の服装とは

まずは服装についてです。男性の服装は、お通夜に参列する場合には原則として普段通りのスーツと黒ネクタイが基本となります。告別式に参加する場合には喪服を着用します。ブラックスーツは慶事には白のネクタイ、弔事には黒のネクタイを変えて兼用することができるので、1着用意しておきましょう。 女性は、お通夜に参加する場合には、黒や地味な色のワンピースやスーツを着用します。告別式ではブラックフォーマルと呼ばれる深い黒の生地を使ったアンサンブルのスーツが主流となっています。スカートは膝が隠れる長さで、黒いストッキングを身につけましょう。

香典の金額の目安や記入の仕方とは

香典の金額の目安としては、祖父母の場合には1万円、両親の場合には10万円、兄弟姉妹の場合には3万円、叔父や叔母の場合には1万円、友人、近所の人、勤務先の関係者の場合には5千円が平均的な相場となっています。しかし親友と呼べるような間柄の友人であれば 1万円にするなど、相手との関係をよく考えて臨機応変に変えていくのがスマートだと言えます。 香典袋の表書きとしては、御霊前が一般的です。また裏側の折り方にも注意が必要です。慶事とは反対に、先に下の部分を折ってから上の折を重ねます。反対にならないように気をつけましょう。

参列時に気をつけたいマナーとは

葬儀に参列する際に気をつけたいこととしては、まずは遅刻は厳禁です。開始時間の案内通りに、時間に間に合うように到着するようにしましょう。やむを得ない事情で遅れてしまった場合には、おわびを述べたうえで焼香をさせてもらいましょう。 そして葬儀の場では、親しい間柄でない限りは、遺族にあいさつするのは控えましょう。たとえ遺族と親しかった場合でも長話は避け、遺族にゆっくりとお別れをさせてあげるために手短かにすませましょう。 また小さなお子さんがいる場合には、近しい間柄でない限り同席はさせません。身近な人に預かってもらうようにしましょう。

葬儀に関しては突然やってくるものが多く、一般的にはそれほど頻繁に経験するものではありません。そのため結婚式などのように、場慣れすることでマナーを身につけていくことが難しいと言えるでしょう。だからこそ故人や遺族に失礼や迷惑がかからないように、基本的なマナーや知識はしっかりと身につけておき、いざという時にあわてずに行動できるようにしておきましょう。

-終活準備, 冠婚葬祭

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.