法律事務所 債務整理

自己破産完了までに必要な期間

銀行や消費者金融のカードローンやキャッシングの利用者が増えており、それに伴って、債務整理を検討する人が多くなっています。今回は、債務整理の中で、一番有名な自己破産完了までに必要な期間についてご説明します。

弁護士などへの相談が最初のプロセス

自己破産を行う場合、過払い金請求などの専門的な手続きが必要なため、弁護士や司法書士などの専門家に相談することが最初のプロセスになります。自己破産は、裁判所に申請が必要な債務整理であり、さまざまな書類を提出することになるため、個人が行うのは難しいと言われています。 面談だけではなく、メールや電話での相談を受け付けている法律事務所や司法書士事務所が多くなっており、初回相談は無料のところも出てきています。専門家に正式な依頼を行うことで、自己破産の準備が開始されることになります

受任通知と自己破産の申請手続き

弁護士などに代理人の依頼をすると、受任通知が債権者である金融機関に送付されます。また、代理人は、過払い金請求のため過去の債務履歴に関する書類を債権者に準備するよう要請します。 債務整理を行う際、代理人は債務者が過去に払い過ぎた借金がないかどうかを確認します。払い過ぎがあれば、過払い金請求を行って債務を減額することになります。自己破産の場合、過払い金請求などの一連の手続きに1カ月程度時間がかかります。代理人が債権者から必要な書類を入手したら、裁判所への破産申請を行います。

裁判所での手続きに必要となる時間

裁判所に破産申請を行うと、破産管財人が選定され、法的な手続きが開始されます。破産管財人が債務者の資産を差し押さえ、処分し、債権者に配当などを行っていきます。 また、債務者が借金をした理由について、免責不許可事由になっていないかなどの確認も裁判所で行われます。ギャンブルや投資の失敗が原因で発生した借金などの場合、免責不許可事由に該当し、免責が認められないケースがあります。 裁判所に自己破産の申請を行って、免責が認められるまでの時間として3カ月から6カ月程度かかることがあります

債務者が弁護士や司法書士などの代理人に自己破産を依頼し、債権者との過払い金請求などを行って、裁判所に申請を行うまでに1カ月程度の時間がかかります。また、裁判所に自己破産を申請して、免責が認められるまでに3カ月以上かかるため、合計すると、自己破産完了までにおよそ6カ月程度の時間がかかることになります。

-法律事務所, 債務整理
-, , , ,

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.