ピアノ買取 中古買取

ピアノ買取に関するトラブルとは

今まで演奏していた人はいたが、その人が進学や就職などで遠くへ行ってしまい、ほとんど弾く機会がなくなったという場合や、習っていたがやめてしまったという場合には、ピアノの買取を依頼するということになるでしょう。

この場合に、起こりうるトラブルが大きく分けて3点ほどあります。依頼する側が全て防ぐことができるというわけではありませんが、頭に入れておくことで、トラブルが起こるのを防ぎやすくなったり、起きた時の対処が思いつきやすくなったりします。

日時の間違い

これは、引き取りに来てくれる日程を間違えた場合に起こりやすいトラブルです。原因として考えられるのは、日程をメモしていないということや、勘違いなどです。業者と打ち合わせをしたらすぐにカレンダーに引き取りの日程と時間を書き込むことで、多くの場合に防ぐことができます。

これをしていないと、再度日程を打ち合わせすることになったり、最悪の場合は引き取りをしてくれないということもあり得るので、相手との信頼関係のためにも、スケジュールの確認はしっかりしておきましょう。

ピアノに傷がつく

次に、ピアノに傷がつくということです。これは、引き取り当日に起こりうることです。業者がプロであっても、家の中がピアノを運び辛い状況にしてしまっていたらピアノに傷がつく可能性があるので、邪魔なものはどけたり、移動の際に不安定なことを引き起こしそうなものは取り除くなどのことをしておきましょう。

そうすることで、何か起きた場合の依頼者側の責任は無くなっていきます。

家に傷がつく

家に傷がつくという問題は、業者の側のミスで起こる可能性がありますが、依頼者が気をつけることは、ピアノの運搬の時と同じく、邪魔なものを片付けておくことです。

こうした配慮を事前にしておかないと、最悪の場合は裁判になったり、弁護士を介しての話し合いになってしまったりするので、十分な注意が必要になります。

まとめ

これらの点に気をつけた上で、ピアノの買取を依頼するようにしましょう。そうすることで、ここに考えられるようなトラブルは起こりにくくなります。

万が一、トラブルが発生してしまった場合には、法律の専門家を介して、どのように対処していけば良いのかを具体的に話し合っていくことになるでしょう。

極力、安全かつ円滑に買取を行ってもらえるようにして行って、後悔が残らないようにしていきましょう。

-ピアノ買取, 中古買取

Copyright© 人生100年なんでも相談室 , 2020 All Rights Reserved.